土地・一戸建て・マンションの売却を扱っている不動産会社の調べ方

仲介会社ロゴ

あなたは、不動産(土地・一戸建て・マンション)を以下のような理由で、売らなくてはいけないことになりました。

  • 急に転勤が決まったので売りたい
  • 離婚することになったので売りたい
  • 相続が発生したので売りたい
  • 今の家を売って、買換えしたい
  • お金が必要なので売りたい
  • 所有している不動産を売りたい(資産売却)
  • ローンの返済が滞っているので売りたい(任意売却)

不動産を売るには、不動産屋さんに相談すればよいということはわかるでしょう。でも、普段の生活において不動産屋に行くことなんてめったにないですよね。そのため、どのような不動産会社があるのか、どうすればよいのかわからないという人は非常に多いのです。

ここでは、「土地・一戸建て・マンションの売却を扱っている不動産会社の調べ方」について説明します。

 

ステップ1:そもそも不動産とはなにか?

不動産は、漢字の意味するところが示しているように「動か不(ざ)る財産」という意味です。動かすことができない財産、つまり土地・建物(戸建・マンション・ビルなど)を指します。

不動産の種類

 

ステップ2:不動産会社の種類を知ろう!

同じ「不動産会社」という名前であっても、不動産業には様々な仕事があり、それぞれ仕事内容が異なります。不動産業界の仕事は、大きくこの3つに分けることができます。

  1. 不動産を開発し、新たな街を生み出す「不動産開発
  2. 不動産の所有者とお客様をつなぐ「不動産仲介
  3. 不動産の価値を維持し、その不動産を管理する「不動産管理

①不動産開発

デベロッパー

不動産開発の仕事は新たな「街づくり」です。一般的にデベロッパーとも呼ばれています。地主(地権者)から土地を仕入れて、企画して新築のマンションや戸建、オフィスビルを建設[実際に建設するのは建設会社]し、販売する仕事です。

一般的に大手不動産会社と知られている会社は、不動産開発を行っています。

大手不動産デベロッパーロゴ

②不動産仲介

不動産仲介(不動産流通)の仕事は、不動産のオーナーとお客様を結ぶことです。

不動産仲介の仕事

具体的には、不動産所有者の「売りたい」や「貸したい」といった要望や、不動産を求めているお客様の「買いたい」や「借りたい」といった要望を受けます。そして、オーナーと顧客の間に入って、物件や顧客の紹介から条件の交渉・契約書作成・引き渡しに至るまでを担っているのが不動産仲介の仕事です。

③不動産管理

不動産管理の仕事は、不動産の価値を下げないようメンテナンスを行うことです。

不動産管理

不動産は建設して終わりではなく、建物の価値を下げないようメンテナンスを行わなければなりません。具体的には、建物の設備管理や清掃、管理規約の作成、空室への募集、賃料や管理費・修繕積立金の集金、水漏れなどのトラブル対応や見回り、将来の修繕の計画などを行います。これらのことを専門的に行う会社が不動産(管理)会社です。

例えば、以下のような不動産会社は、不動産管理を行っています。

不動産管理会社ロゴ

つまり、不動産を売るには、②の不動産仲介を行っている不動産会社に依頼する必要があります。

 

ステップ3:不動産の売買仲介を選ぼう!

不動産を売却するには不動産仲介を選ばなくてはなりませんが、不動産仲介には2種類あります。売買賃貸です。

不動産売買仲介と不動産賃貸仲介

もちろん、「貸したい」わけではなく、「売りたい」ので不動産売買仲介を選ばなくてはなりません。

 

ステップ4:売却を扱っている不動産会社の調べ方

売却を扱っている不動産会社の調べ方として、以下のような方法があります。

  • チラシを集める
  • 不動産会社の外観を見る
  • インターネットで調べる

ここでは、その不動産会社が売買と賃貸のどちらを専門としている会社かを見極める必要があります。不動産売買と不動産賃貸、それほど業務が変わらないと思うかもしれませんが全く違います

不動産賃貸会社

しかし、お店の外観を見ても、売買と賃貸の区別などわかりません。さらに、賃貸を得意としている不動産会社に「売却したいんですけど…」と言った場合、「うちは賃貸専門なので…」と断ってくれればそれで解決するのですが、「わかりました!任せてください」と言われることがあります。これは、不動産売却の案件の方が賃貸に比べて手数料が高いため、得意でもないのに引き受けることが普通にあるのです。あなたが不動産を売却するのであれば、きっと売買を専門に扱っている不動産会社にお任せして、少しでも高く、きっちりと売却して欲しいと願うことでしょう。

●チラシを集める

インターネットの発達によりチラシは減りつつありますが、今なお不動産の売買においては一定の効果がある広告の一つです。売却不動産を募集しているチラシや、不動産の売買物件が掲載されているチラシは不動産売買会社の可能性が非常に高いと言えます。賃貸のチラシはほとんど見かけることはありません。

なぜ、チラシが効果的だと思いますか?

実は、購入者の多くはあなたの近くに住んでいる(同じ地区の出身)のです。「住めば都」という言葉もありますが、その地域に住んでいる人がその地域の良さを一番わかっているので、購入する確率が高いのです。不動産売買に興味のない99%の人は、チラシを見ずに捨てます。しかし、不動産購入を真剣に検討している1%の人は、必ず見るはずです。そのため、「どれぐらいの頻度でチラシを入っているか集める=周辺の地域にも同じ頻度でチラシを入れてくれる=自分の不動産の売却に広告費を投入してくれる」ことが事実としてわかります。このことは、どの不動産会社に売却を依頼するか決断する上でのポイントの一つになるでしょう。

●不動産会社の外観を見る

実際に不動産会社の看板とウィンドウを見て判断することもできます。

売買不動産会社か賃貸不動産会社の見分け方

●インターネットで調べる

今は「まずはインターネットで調べる」という方がほとんどでしょう。以下のような検索方法があります。

不動産売却のインターネット検索方法

Googleなどでキーワード検索したとき、上位に出てこない可能性があるので、最低3ページぐらいまで見て、リストアップした方が良いでしょう。また、そもそもホームページがない不動産会社もあります。これほどインターネットが普及しているにも関わらず、全不動産会社の7割以上はホームページがないのが実情です。高額な不動産を扱う上で、情報公開もしていないような会社に信用を置くことは難しいのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。上記のステップ通りにすすめていけば、土地・一戸建て・マンションの売却を扱っている不動産会社にたどり着くことができるでしょう。

付け加えて、もしも、過去実際に売却した実績がある不動産会社がわかれば、より信頼を置くことができるのではないでしょうか。こちらで過去実際に売却したことがある会社がわかるので調べてください。(「マンション名から検索する」)

ただ、こちらは現在マンションのみの方法です。土地・戸建は全く同じ不動産がないのに加えて、その地域だけの事情があることも多いため、上記のステップで調べていき、より地域のことを知っている不動産会社にお任せすべきです。

 

仲介会社ロゴ

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!