東急リバブルの新サービス「査定価格でのマンション買取」とは?

東急リバブルが「査定価格」でマンションの「買取」をはじめるようです。

◯◯価格について

相場価格…現時点で市場に出して「実際に売れるであろう金額」のこと。
査定価格…本当は「おおむね3か月以内に売れると想定した金額」のことを指すが、実際は不動産会社が売主の様子を見ながら提案することも多い。
売出価格…売却スタート時点の販売価格。
販売価格…現在売出ししている不動産の価格。
成約価格…「実際に売れた金額」のこと「取引価格」ともいう。

相場価格・査定価格・売出価格・販売価格・成約価格

基本的に仲介において査定価格=買取価格になることはあり得ません。相場価格の60%〜70%が買取価格のおおよその目安だからです。

不動産売却方法の一つ「買取」はどのような売却の場合に選ぶべきか

不動産売却方法の一つ「買取」はどのような売却の場合に選ぶべきか

2016.10.14

4ヵ月売れ残りマンション 査定価格で買い取り 東急リバブル

東急リバブルは9月から中古マンションを売却したい人向けに、一定の条件を満たせば売り出しから4カ月が過ぎても売れ残った物件を査定価格で買い取るサービスを始める。売却前に自社負担でリフォームも行う。駅から近いなど買い手が付きやすい物件が対象。売却前にリフォームを施し、買い手の印象を高めて高い価格で売れるようにする。

高い価格で売れることをアピールすることで、良質な物件を自社で囲い込む狙いだ。駅から近く、耐震性が高いなど買い手が付きやすい物件に対して、売却前に壁紙や床の張り替えなどのリフォームを施す。買い手が現れやすいように物件の魅力を高める。

売り手は自らが初期投資をせずにリフォームで物件の魅力を高められ、物件の売却可能性を高められる。売れ残った場合は最低でも査定価格で買い取ってもらえるうえ、リフォーム代は東急リバブルが負担してくれる。リバブルは売り手に有利な条件でリフォームから売却まで一貫して請け負うことで、良質な物件の取引を自社に誘導できるとみている。

同社が全額を保証することでリスクを負うことになるが「売却できると見込める物件に対象を絞り込むため、売れ残ることはほぼないとみている」(同社)としている。

(2017年8月25日日本経済新聞朝刊15面抜粋)

東急リバブルは大手の不動産仲介会社で業界第3位の会社です。

売買1位の大手不動産屋は?2017年「売買仲介実績ランキング」TOP10

売買1位の大手不動産屋は?2017年「売買仲介実績ランキング」TOP10

2017.07.03
東急リバブル

大手の中でも、業界一早く新しい試みやサービスを提供するのは、だいたいいつも東急リバブルです。

今回の新しいサービスは、マンションの売主向けサービスで、正式名称を「アクティブ売却パッケージ」(通称:アクセル君)といいます。2017年9月8日(金)よりサービス開始となっています。

このサービスは、空き家で築年数が古いマンションにリフォームをして売却するというものになります。物件に演出することでより高く売却する方法としてホームステージングという方法があります。

ホームステージングとは、売却する予定の物件に家具や小物でインテリアコーディネートを加え、モデルルームのような形にして販売することで、購入検討者により良い印象を与え、売却を円滑に促すためのサービスです。 家具や小物はレンタルできます。

ホームステージングについてわかりやすく説明する

ホームステージングについてわかりやすく説明する

2017.01.08

ただし、いくらホームステージングしても、物件そのものが古いとどうしても、古臭さが目立ってしまいます。そこで、まず東急リバブルとLIXILが共同開発した定額制のリフォームパッケージである「あんしんリフォームセレクト」でリフォームします。このリフォームの費用は売主がかかりますが、工事費用の支払いを売却物件の決済日、または売却保証期日まで東急リバブルが猶予してくれるため、売主はお金を用意する必要がありません。

さらに、東急リバブルのホームステージングサービス「ルームデコレーション」(有償)を行い、リフォーム後の室内に家具やカーテンなどで装飾することで、物件の魅力を最大限に高めた販売活動を行うというものです。

気になるのは、わざわざリフォーム費用をかけて売れない場合ですよね。最低400万円かけてリフォームをするということなので、リスクが高いですよね。そこで、一定期間内にリフォームした物件が売れない場合は、東急リバブルの「売却保証」により、「査定価格+リフォーム費用」の100%を保証し、 売主がリフォーム費用について損をしないというサービスにしたものが「アクティブ売却パッケージ」なのです。もちろん、リフォームすることにより、金額を上乗せして高く売ることができれば、売主にとってはハッピーですよね。

アクティブ売却パッケージ

東急リバブルは、「アクティブ売却パッケージ」を「あんしんリフォームセレクト」でリフォームし、「ルームデコレーション」でお部屋の魅力をより高めて売りに出すことで、 価値を高めて売れる機会を創出して好条件での売却にチャレンジをする、不動産の新しい売却方法としています。

アクティブ売却パッケージのイメージ

「アクティブ売却パッケージ」の概要は以下の通りです。

対象エリア 首都圏。順次、全国展開予定
対象不動産 サービス適用時に「空き家」の区分所有マンション
売却保証期日 原則、リフォーム完了後の販売開始日から4か月後(最長6か月)
媒介条件 専任・専属媒介
売却保証額 「東急リバブル査定価格+リフォーム費用」の100%
適用条件 ①交通条件:駅徒歩10分以内
②築年数:昭和58年1月建築以降(新耐震基準)
③専有面積(壁芯):50㎡以上
③査定価格:2,500万円以上6,000万円未満
リフォーム内容 「あんしんリフォームセレクト」を利用したフルリフォームを適用(最低リフォーム価格は税抜400万円)

リフォームして時間をかけて売却するという戦略なので、「金銭」や「離婚」が理由などスピードが求められる売却には向いていない商品性ともいえます。

空き家にしている家の売却方法(土地・戸建・マンション)

空き家にしている家の売却方法(土地・戸建・マンション)

2017.03.17

今までは、東急リバブルが新たなサービスを出すと、他の大手不動産各社も足並みを揃えて同じようなサービスを出してきました。他の大手不動産各社が今回のサービスにも追従するのか、今後の動きが注目されます。

 

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!