不動産屋にとって購入より売却のお客様の方が重要って知ってた?

不動産売却or不動産購入

不動産売買仲介の仕事は、大きく不動産の売却と購入に分けることができます。

不動産売却と不動産購入

不動産営業マンにとって、不動産売却は「お客様の家を売ること」、不動産購入は「お客様に家を買っていただくこと」が仕事内容になります。

売却しても購入しても、手数料は同じ(手数料の上限:売買代金×3%+6万円+消費税)です。でも不動産会社にとって「不動産売却>不動産購入」は業界の常識です。

ここでは、「なぜ不動産屋にとって購入のお客様より売却のお客様の方が重要なのか」について説明します。

 

売却>購入のワケ

不動産屋にとって、購入のお客様よりなぜ売却のお客様の方が重要なのかについては、不動産仲介という仕事に理由があります。

一般的に商売は、なにかモノを仕入れて、それを加工するなどしてお客様に売りますよね。もし、そのモノが売れなかった場合、全部在庫になってしまいます。それが食品であれば廃棄処分しなければなりませんよね。でも、不動産仲介って在庫が存在しないのです。なぜなら、売主が所有する家の売却をお手伝いする仕事だからです。

不動産仲介と一般の商売の違い

そのため、在庫処分なんてありません。売れなくて困るのは売主であって、不動産屋が値引きして売る必要はありません。

「人の褌(ふんどし)で相撲(すもう)を取る」

不動産仲介の仕事はよくこのように表現されます。人の褌で相撲を取るとは、「他人の物を利用して、自分が利益を得ること」という意味です。他人の家を売って、仲介手数料をいただくのが不動産仲介の仕事です。必要なスキルは不動産の知識と営業力だけです。

とはいえ、やはりそもそもモノがなければ誰も買いにきてくれません。よって、お任せいただく売却物件を集める必要があります。そして、不動産会社は売却をお任せいただいたら、インターネット・チラシ・電話・来店で買いたい人を集め、物件を案内します。

不動産買主集め

もし、買いたい人がその売却物件を気に入らなければ、他の売却物件を紹介します。こうして、売りと買いのマッチングを行っていくわけです。

これらの全ては不動産「売却」から始まっているのです。「買いたい!」と言われても、そもそもモノがなければ買えませんから。

また、不動産仲介の手数料は成約報酬です。売りたい人・買いたい人を結びつけ、契約を成功させなければ手数料はもらえません。

不動産購入より不動産売却

①売却物件に購入客が気に入らなければ②違う物件を紹介します。そうして、購入客に気に入る物件が出るまで案内します。しかし、違う不動産会社Bから新しい売却物件が出てきて、購入客がそちらの方に行って、購入が決まった場合、この不動産会社Bに仲介手数料を支払うため、今まで案内していた不動産会社Aにはお金は一切入ってきません③

なぜ、最初の不動産会社Aが③の不動産を紹介しなかったのかと思うかもしれませんが、他社が預かった売却物件には紹介できない期間があるのです。(専属専任媒介の場合は4日間・専任媒介の場合は6日間。)購入客からすると、どこの不動産会社で購入しても手数料が変わらないのであれば、そちらに流れてしまうでしょう。欲しい物件を他の人に取られたくないでしょうから。

売却の場合、預かった物件が売れたら手数料は確実にもらえますが、購入の場合はお客様から手数料をもらえるかどうかが確実ではないのです。

このようなわけで、不動産屋にとっては購入のお客様より売却のお客様の方がより重要なのです。

 

不動産売却or不動産購入

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!