土地を先に購入し、後で建物を建てた時の住宅ローン控除は?

住宅ローン控除のイメージ画像byいくらチャンネル

住宅ローンを借りて新築戸建の購入するときには、税金が還付される「住宅ローン控除」を受けることができます。

所得税が還ってくる住宅ローン控除をわかりやすく説明する

2016.01.12

すぐに入居できる場合は、何の問題もなく住宅ローン控除を受けることができますが、先に土地だけを買って、後で新築の建物を建てる場合の住宅ローン控除はどうなるのでしょうか。

建物がない土地の状態では住めないので条件があります。ここでは「土地を先に購入し、後で建物を建てた時の住宅ローン控除」についてわかりやすく説明します。

 

土地を先に買って、そのあと建物を建てた場合の住宅ローン控除

土地が住宅ローン控除の対象となるのは、住宅取得のためのローンと一体として借入れた返済期間10年以上の土地についてです。土地を先に買いそのあとで住宅を建てた場合、以下のいずれかの基準を満たせば先行して取得した土地のローンも住宅ローン控除を受けられる対象になります。

  • 建築条件付住宅地分譲の土地は、3ヶ月以内に建築請負工事契約(建物部分の契約)を締結すること
  • 普通の土地取得の場合は、2年以内にこの土地の上に住宅ローン付で住宅を取得すること(なお、金融機関等からの借入金に係る債権を担保するためのその家屋を目的とする抵当権が設定されている必要があります。)
  • 土地・建物のための住宅金融支援機構等の借入金で家屋の新築着工後に受領したもの
  • 地方公共団体等からの借入金で建築条件が付されているもので新築前に受領した借入金

建築条件付住宅地分譲

建売住宅と混同されることが多いですが、土地の取引であり、建物と土地のセット販売である建売住宅とは全く異なります。 建築条件付土地とも呼ばれますが、まだ建ってない状態で、土地契約に建築契約をセットする形で取引します。

まとめると、土地のみを購入するためのローンは対象外となります。土地の売買契約を行い、そのときに建物請負契約締結を条件とする「売建住宅」は、土地売買契約と建物請負契約とが別になるので、本来は土地部分の住宅ローンは控除の対象外になるが、上記の条件を満たせば適用の対象となります。

住宅ローン減税の適用条件の一つに、「住宅を取得日から6ヶ月以内に本人が入居し、入居後引き続き住んでいること」があります。そのため、普通の土地をローンで取得しても、住宅ローンを借りて建物を建てない限り住宅ローン控除は受けられないのです。なお、住宅ローン控除は、建物を建て、入居し始めた年から控除を受けることができます。

 

住宅ローン控除のイメージ画像byいくらチャンネル

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!