同居が原因での家の売却方法(土地・戸建・マンション)

不動産売却(同居)

親もしくは子と同居するため、家(土地・一戸建・マンション)を売却するというケースは少なくありません。特に近年、夫婦共働きの世帯が増えており、子供の誕生と同時に親の協力を仰ぐケースも増えています。

同居するために家を売却すると一口に言っても、おおまかに「二世帯同居するため(新たな家が必要)に資金が必要なので売却する」というパターンと「親もしくは子がどちらかの家に同居するため、今の家は必要ないので売却する」というパターンにわかれます。

前者の「資金が必要」なパターンはお住み替え、つまり「買換(かいかえ)」にあたります。親もしくは子が、どちらかの家に近居するために売却する場合も同様に「買換」です。

ここでは、後者の「同居によって、今の家は必要ないので売る」場合についての売却方法についてわかりやすく説明します。

同居の場合の不動産売却について、どのようにするのが得策なのでしょうか。

 

そもそも、何を基準に売却を決めるの?

同居のタイミングというのは、親世帯と子世帯、それぞれのニーズがマッチングしたときに訪れるものであり、ライフサイクルに必ずあるものではありません。それだけに、時期もバラバラです。

特に勤労者・子育て世帯である子世帯の事情によって決まるケースが多いといえます。

こちらは不動産ポータルサイトSUUMOが2016年に調査した「親世代と同居をしようと思った理由(600名の複数回答)」の回答になります。

親世代と同居をしようと思った理由は?

A 何かあったときに助けあえるから 38.7%
B 親の老後を考えたから 38.0%
C 長女・長男だから 35.3%
D 経済的に助かるから 30.7%
E 家事・育児などで協力してもらいたいから 24.7%
F 親世帯が望んだから 17.7%
G いずれは同居または近居をと考えていたから 15.7%
H 独自に家を持つのが難しいから 12.3%
I (妻の)仕事がしやすくなるから 9.0%
J 親子孫で楽しく暮らしたいから 7.0%
K 子世帯が望んだから 3.3%
L 住もうと決めた場所の近くに親世帯が住んでいた 3.0%
M その他 4.0%

一番多いのは「何かあったときにお互いに助けあえる」という理由ですが、Cの「長女・長男だから」を理由にあげているのは50歳前後、Dの「経済的に助かるから」やEの「家事・育児などで協力してもらいたいから」を理由にあげているのは、20〜40代の子どもの世話や家事を親に頼りたいという人に多くみられます。

「親もしくは子がどちらかの家に同居するため、今の家は必要ないので売却する」というパターンで多いのは、親が子の家に住むために自宅を売るというケースです。子が親の家に住むときは、子の家が賃貸の場合も多く、その場合であれば売る必要もないですし、売れませんよね。

 

同居が原因での不動産売却はそれほど売却金額は下がらないが、時間は相当かかる?

同居するために家を売る方法は、普通の不動産売却と何ら変わりありません。

不動産売却の流れが知りたい方は『不動産(マンション/戸建て/土地)を売却するには?ー不動産売却の流れー』をご覧ください。

不動産(マンション/戸建て/土地)を売却するには?ー不動産売却の流れー

2016.11.17

住宅ローンが残っているのであれば、その金額より高く売却できるよう売出価格を決めます。特に住宅ローンがない場合は、納得できる金額で売却したいと考えるため、売主のほとんどが「仲介」という売却手法が選びます。

不動産売却方法の一つ「仲介」はどのような売却の場合に選ぶべきか

不動産売却方法の一つ「仲介」はどのような売却の場合に選ぶべきか

2016.10.12

「納得できる金額で売却したい」というのは、同居が原因での売却によく見られます。実際、買換・転勤・離婚などの売却要因に比べて、売却しなければならない必要性が薄く、今まで自分が気に入って住んでいた家を次の気に入ってくれる買主にきっちりと引渡ししたいという強い願望があります。

売却理由と売却期間(同居)

一般的に、不動産売却査定書における査定価格とは、3ヶ月という期間で売却できるであろうという金額を示しています。「納得できる金額≒相場価格より高い」ことが多いため、売主希望の金額で売却活動を行った場合、売却期間が3ヶ月以上と他の売却理由と比べて長くなることが多いです(急いで安く売る必要がないからです)。

売却理由と成約価格(同居)

時間はかかりますが、最終的に多少の値段交渉が入ることがあっても、それ以外であまり価格を下げることなく、ほとんど市場価格(相場価格)より高く売れることが多いため、売主(相続人)にとって最初から想定していた価格と成約価格に多少のズレはあっても、相場価格通りの金額ともいえます。

これが、同居での不動産売却はそれほど売却金額が下がらない分、時間は相当かかるということなのです。

◯◯価格について

相場価格…現時点で市場に出して「実際に売れるであろう金額」のこと。
査定価格…本当は「おおむね3か月以内に売れると想定した金額」のことを指すが、実際は不動産会社が売主の様子を見ながら提案することも多い。
売出価格…売却スタート時点の販売価格。
販売価格…現在売出ししている不動産の価格。
成約価格…「実際に売れた金額」のこと「取引価格」ともいう。

相場価格・査定価格・売出価格・販売価格・成約価格

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

同居が理由で家を売る場合は、以下を自問自答してください。

1. どれくらいの期間内で売りたいのか
2. 相場の金額からいくらぐらい高く売れれば満足なのか

売主が売出価格を決めれるとはいえ、市場価格からあまりにも乖離すると売れません。売れずにあまりにも長い間売り出していると「この物件には売れないなにかがあるのかな」と変に勘ぐられてしまいます。そのため、購入希望者に対して「ちょっと高いのかな?でもこの家が欲しいな」と思うような価格設定が重要になってきます。そのためには過去実際に売れた金額=相場(市場)価格を知ることが必要です。

家は、一生にする買い物の中でも恐らく一番高い買い物でしょう。あなたの財産です。時間はたっぷりあります。購入するときに色々と考え悩んだように、売却するときにも、よく考えて計画的に、そして戦略的に売却することをお奨めします。

 

不動産売却(同居)

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!