「計画修繕積立金等に関する事項」とはなにか

重要事項説明書の画像

不動産を売買する際、重要事項説明書の中に「計画修繕積立金等に関する事項」という項目がある。

(この項目では、FRK・宅建協会・全日・全住協の重要事項説明書を念頭に説明しており、書式や記載方法は微妙に異なっていますが、用語の意味や記入すべき内容は基本的に同じです。ここではFRKの記入方法を中心に解説しています。)

計画修繕積立金等に関する事項とはなにか

計画修繕積立金大規模修繕積立金とは、一般の管理費でまかなわれる通常の維持修繕のためではなく、マンションの外壁の補修のように計画的な維持修繕を行うことにより、マンションの経済的・機能的価値を維持することを目的として積み立てられているお金だ。

修繕積立金に関する規約の定め(案を含む)があるときは、ここでその内容と既に積み立てられている額について記入する。なお積立額については、経過年数とともに変動するので、できる限り直近の数値(直前の決算期における金額等)を、いつの時点での内容かも含めて記入しなければならない。また修繕積立金は、通常の管理費と一緒に支払うのが一般的であるため、管理費を滞納している場合は、修繕積立金も滞納しているケースが大半だ。そのため、修繕積立金についても滞納があるのかどうかを確認し、滞納がある場合には記入しなければならない。

調査方法

計画修繕積立金制度の有無や毎月の積立金の額については、売主および管理規約で確認するとともに、管理組合や管理会社へも調査することが必要だ。特に管理会社の側では、当該マンションの中古取引を想定し、不動産屋(仲介会社)が重要事項説明を行う際に必要な情報(管理費・修繕積立金等の月額・滞納の有無・これまでに積み立てられた額等)を載せた書類(=重要事項に係る調査報告書)が用意されていることが多いため(※ほぼ有料)、管理会社に直接問い合わせて直近のものを入手し、証拠書類として重要事項説明書に添付するようにする。

また、近いうちに大規模修繕や修繕積立金の変更が予定されているかどうかについても同時に調査を行う。もし、大規模修繕計画や修繕積立金の変更が確定している、またはそれに近い状態にあるときは「その他」の項目欄に記入し、説明しなければならない。

記入方法

修繕積立金に滞納がない場合

修繕積立金(滞納なし)

修繕積立金に滞納がある場合

修繕積立金(滞納あり)

大規模修繕が予定されているが、詳細については未定の場合

その他(大規模修繕予定・詳細未定)

大規模修繕の計画が詳細に決定しており、その費用を買主が負担する場合

その他(大規模修繕決定・買主負担)

 

重要事項説明書の画像

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!