不動産売却のとき、不動産会社の口コミを見ても参考にならない理由

不動産売却のとき、不動産会社の口コミを見ても参考にならない理由

あなたは、不動産(土地・一戸建て・マンション)を売ろうと考えています。

不動産を売るには、不動産屋さんに相談すればよいということはわかるでしょう。でも、普段の生活において不動産屋に行くことなんてめったにないですよね。

そのため、「不動産屋さんってどんな人なのかな?」「どんな会社なのかな?」と不安になります。でも、相談すると「その会社に決めなけばならないのではないか」という不安から『取りあえず』や『気軽に』相談ということもできませんよね。

そこで、インターネットを利用して事前に情報収集する人が多くなってきています。その中には口コミ(くちこみ)を調べるという方法があります。

不動産会社口コミ検索方法

結論からいうと、不動産会社の口コミを見ても参考になりません。

ここでは、「不動産売却のとき、不動産会社の口コミを見ても参考にならない理由」について説明します。

 

不動産会社の口コミを見ても参考にならない理由

口コミというのは、不特定の消費者がモノを購入(サービスを利用)したときに「(他の何かと比較して)どのようなところが良いのか悪いのかの感想」をインターネット上に書き込んだものになります。不動産売却を考えていて、不動産会社の口コミを見て参考にしようとする場合、以下のような問題点があります。

不動産口コミ

1.口コミの数が少ない

一般的に、一人の人が不動産を売却することって、一生のうちに何回あるでしょうか。商品のレビューや飲食店の口コミと比べると、そもそも不動産売却自体の頻度が少ないのです。当然、口コミの数もその分少なくなります。

利用頻度が少ない不動産取引の中でもさらに「賃貸>不動産購入>不動産売却」の順に回数は少なくなります。

2.比較対象がない

例えば、あなたが不動産会社Aに依頼して、不動産を売却できたとします。もちろん、不動産会社Aがどうだったのかについて書き込むことはできるでしょう。でも不動産会社Aが、他の不動産会社Bや不動産会社Cに比べて良かったのか悪かったのかについてはわかりません。つまり、サービスの比較ができないのです。満足だったのか否かだけです。

もちろん、複数回の取引がある人の書き込みは参考になるでしょうが、そんな人の書き込みはさらに少なくなります。

3.「良かった」ばかりのレビュー

実際に不動産会社の口コミサイトをみてください。だいたい星が4〜5つで「良かった」という声が多いです。当たり前です。不動産売却を依頼して、不動産売却ができたのであれば、目的を果たせて満足なのではないのでしょうか。それは不動産の売却に関わらず、購入でも賃貸でも同じです。

例えば飲食店の場合は、食べてマズかったとしても、お金を支払う必要があります。そりゃ不満の一つでも書きたくなるでしょう。一方、不動産は売却も購入も賃貸も「成功報酬」です。サービスの目的に対して、それが叶ったから対価を支払っているのです。そうなると、口コミで「良かった」以外に書くことなんてありません。良くないのであればその担当者、不動産会社に依頼していないでしょう。

4.商品が異なる

不動産は世界に同じものは一つとしてありません。経済状況など、時期によっても異なります。例えば、「不動産会社Aに頼んで予想の1,000万円以上で売れました」なんて書き込みがあっても、全く参考になりません。そもそも、その予想自体が低すぎた可能性もあります。

同じ商品でかつ不特定多数の利用者の声は信用できると思いますが、そもそも商品が異なる不動産って信用できますか。

5.書き込んだ本人がバレる可能性がある

不動産売却に絞ると、不動産会社1店舗あたりの件数ってそれほど多くありません。それも月単位に絞るとさらに少なくなります。そのため、内容によっては書き込んだ本人が不動産会社にバレてしまいます。

不動産会社のアンケートに不満点を書いたとしても、不特定多数がみるインターネットに書き込むことに躊躇してしまいます。つまり、本当に不満だった点を書き込んでくれるのか疑問があります。

6.本当の口コミかどうかわからない

上記1〜5の理由から、どうしても口コミ数が少なくなるため、明らかにサイトを運営している会社や不動産会社自身が書き込んだと見られる口コミが多く見受けられます。いわゆるサクラってことです。もしかしたら、不動産会社がお金を支払って評価を上げている可能性もゼロではありません。

こうなってくると本当に口コミを参考にできますか?

ちなみに不動産会社ではなく、マンション自体の口コミサイトであれば「マンションノート」はある程度信頼できそうです。

マンションノート

マンションの口コミを見るためには、自分も住んでいたところの口コミを書き込まなければならないところが、この口コミサイトの良いところです。あと、不動産会社の書き込みについても様々な制限をかけています。(個人名で書き込まれるとわかりません)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。でも、口コミが参考にならないのであれば、何を参考にすればよいのでしょうか。

論より証拠

こちらは不動産屋さんが大好きな言葉『論より証拠』です。

論より証拠とは、ものごとの良し悪しをはっきりさせるには、いくら上手に説明しても意味はなく、 証拠となるものを目の前に示したほうが、明らかにはっきりするという意味です。

あなたがマンションを売却したいなら、そのマンションを売った実績がある不動産会社、土地・一戸建てならその同じ地区の不動産を売った実績がある不動産会社を候補に入れるべきです。そして、実際に会ったときに「その不動産会社の営業マンに信頼おけるか」どうかをご自身でチェックして選択すべきでしょう。

売却をお任せする不動産会社を探しているのであれば、口コミより実績です。こちらで過去実際に売却したことがある会社がわかるので調べてみてください。(「マンション名から検索する」)

ただ、こちらは現在マンションのみの方法です。土地・戸建については、下記の「土地・一戸建て・マンションの売却を扱っている不動産会社の調べ方」「訪問査定で売却をお任せすべき不動産会社かを簡単に見極める方法」を参考にして、より地域のことを知っている不動産会社にお任せした方がよいでしょう。

土地・一戸建て・マンションの売却を扱っている不動産会社の調べ方

2016.10.16

訪問査定で売却をお任せすべき不動産会社かを簡単に見極める方法

2016.10.10
不動産売却のとき、不動産会社の口コミを見ても参考にならない理由

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!