あなたの不動産はどれ?登記の種類について知ろう

登録免許税のイメージ画像byいくらチャンネル

あなたが不動産を売買するときには「登記」が必要です。

不動産登記とは「その不動産がどんなものなのか、どこの誰が所有しているかを記録しているもの」であり、また「その不動産で誰がどんなことをしたのか記録したもの」です。それら登記の記録がまとめられた台帳を「登記簿」といいます。現在は電子化されて「登記記録」とも呼ばれています。

登記は以下のようなときに必要です。

  • 建物を新築・増築・取り壊し
  • 不動産を購入・売却・相続・贈与
  • 住宅ローンの利用・借換え・完済

例えば、不動産を購入したときには、「所有権移転登記」を行い「登録免許税」を納めなければなりません。

不動産で必ず聞く登記費用と登録免許税の違いはなにか

2016.01.05

登記と一口にいっても、上記のようにケースによって色々な種類があります。ここでは登記の種類と内容について説明します。

 

登記の種類

登記の種類は大きく分けると以下の通りです。

建物の新築のとき

表示登記

建物の新築工事が完了して完成すると、建物の所在地番、構造、床面積などを特定する登記を申請します。この登記を「建物の表示登記」といいます。土地家屋調査士は、表示登記に必要な資料を作成する専門家です。

ちなみに「建物の表示登記」は、登録免許税の課税の対象ではないため非課税です。

建物表題登記についてわかりやすく説明する

2017.01.09

所有権保存登記

登記簿の甲区(所有権に関する登記)に初めて行う所有権の登記を「所有権保存登記」といい、所有権の住所、氏名の他、新築の日付などが記載されます。

甲区について詳しく知りたい方は以下を参照してください。

不動産で必ず聞く登記費用と登録免許税の違いはなにか

2016.01.05

所有権保存登記についてわかりやすく説明する

2017.01.10

 

不動産を購入・売却・相続・贈与するとき

所有権移転登記

例えば、不動産を売買したときは、所有権を売主から買主へ移転します。このときに行われる登記を「所有権移転登記」といいます。所有権移転登記をすることで、買主は第三者に対して所有権を主張することができる対抗力を持ちます。

 

住宅ローンを借りるとき

抵当権設定登記

抵当権とは、住宅ローン借りるかわりに担保とする不動産に設定される権利です。設定するのは金融機関です。住宅ローンが返済されない場合には、担保不動産を売却するなどして返済してもらいます。この権利を明らかにするために行うのが「抵当権設定登記」で、金融機関を抵当権者、住宅ローンの借入者を抵当権設定者といいます。

抵当権設定登記についてわかりやすく説明する

2017.01.12

 

その他の登記の種類

上記以外に

・土地を複数に分ける「土地分筆登記」
・複数の土地を一つにする「土地合筆登記」
・土地の地目を変更する「土地地目変更登記」
・所有者の住所を変更する「住所の変更登記(登記名義人住所変更登記)」
・建物を取り壊した際に行う「建物滅失登記」
・融資を完済した際に行う「抵当権抹消登記」

などがあります。

建物の滅失登記についてわかりやすく説明する

2017.01.07

 

登録免許税のイメージ画像byいくらチャンネル

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!