「第三者による占有」とはなにか

重要事項説明書の画像

不動産を売買する際、重要事項説明書の中に「第三者による占有」という項目がある。

(この項目では、FRK・宅建協会・全日・全住協の重要事項説明書を念頭に説明しており、書式や記載方法は微妙に異なっていますが、用語の意味や記入すべき内容は基本的に同じです。ここではFRKの記入方法を中心に解説しています。)

第三者による占有とは?

第三者による占有(無)

売買する不動産について、売買契約締結の時点における「第三者による占有」の有無を記入する項目だ。ここでの「第三者」とは、本来、売主・買主の当事者以外の者全てが該当するが、一般的には売主と同一生計を営む者(家族)以外を指している。「第三者」の人が住むなどして占有していなければ「無」とすればよい。

第三者に賃貸(占有)している建物を売買する場合

第三者による占有 (賃貸建物売買)

「第三者」の人が賃貸等で住んでいる(占有している)場合は、「有」とし、その占有者の住所・氏名に加えてどのような権利に基いて占有しているかを調査し、記入しなければならない。

第三者に賃貸(占有)しているマンション(アパート)を売買する場合

第三者による占有(賃貸マンション売買)

不動産決済(引渡し)の時点においても賃貸等で占有が続く場合には、重要事項説明書に賃貸借契約書を添付し、「売主・買主間で授受される金銭の額」の項目で、賃料や敷金など清算金の説明をしなければならない。

他人物売買の場合

売主ではあるが、所有権を取得していない場合は他人物(たにんぶつ)となる。つまり、対象不動産はまだ取得していないが、売買契約は既に結んでいる場合だ。例えば、売主が登記簿上の所有者(前売主)と売買契約は結んでいるが、登記簿上の所有者(前売主)に代金を全額支払っていないケースなどだ。

第三者による占有 (他人物売買)

他人物売買のケースでは、既に登記簿上の所有者(前売主・磯野カツオ)が対象不動産から立退きを完了している場合であっても、売主と前売主(磯野カツオ)との不動産の決済(所有権移転の時期)までは、前売主(磯野カツオ)の管理下にあるため、「第三者による占有」の項目では「有」になる。

 

重要事項説明書の画像

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!