残代金決済・物件の引渡し当日はどんなことをするの?

あなたは不動産売買契約を終えて、引越しも済ませました。いよいよ、残代金決済と物件の引渡しです。これが終われば、不動産売却は終わりです

残代金決済の流れ

残代金決済と物件の引渡しの日に、具体的にどのようなことを行うのでしょうか?

ここでは「売主における残代金決済・物件引渡しの当日の流れ」について説明します。

 

残代金決済・物件引渡しの当日の流れ

まず、物件の最終チェックを現地で行います。この際には売主と買主が立会って、境界の確認や設備表などに基づき、契約書とおりの状態で引渡しができるかを確認します。その後、銀行もしくは不動産会社において決済を行います。

売主の場合における残代金決済・物件引渡し当日の流れは以下の通りです。領収書は不動産屋さんが準備してくれています。

残金決済の流れ

①登記申請の依頼

所有権移転など、登記を代行する司法書士に必要書類を渡し登記申請を依頼します。また、不動産の所有者であることの本人確認も司法書士の仕事に含まれるため、抵当権抹消登記や住所変更登記などの登録免許税がかからなくても、司法書士への費用が発生するのが一般的です。

買主から全ての売却代金を受け取ったら、不動産は買主の所有になります。よって、残代金決済終了後、当日中に法務局に売主から買主への所有権移転登記などの申請を行うため、決済は平日の午前中に行うのが一般的です。

②残代金の受領

売買金額から手付金を差し引いた残代金を受け取って、領収書を発行します。

③固都税等の清算

固都税(定資産税・市計画税)やマンションの場合は管理費・修繕積立金などの引渡し日までの金額を、日割りで計算して清算金を受け取り、領収書を発行します。引渡し前日までは売主様の負担、当日からは買主側の負担として日割りで清算を行うのが一般的です。

④関係書類の引渡し

管理規約、分譲時のパンフレット、付帯設備の保証書・取扱説明書など引き継ぐべき書類をまとめて買主に引渡します。相当重たいので、物件内のわかる場所に置いておき、その旨を買主に告げて引き渡すケースも見られます。

⑤鍵の引渡し

買主に玄関の鍵だけでなく、勝手口や門扉など建物のすべての鍵を引渡し、その確認として「不動産引渡確認証(引渡確認票)」にご署名、ご捺印していただきます。

⑥諸費用の支払い

不動産会社への仲介手数料や司法書士への報酬など、諸費用をお支払いいただきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。残代金決済・物件引渡しのセッティングは不動産会社が行ってくれます。ただし、残代金決済の日は、法務局の開いている「平日の午前中」に行うことが一般的であることは頭の片隅に置いておきましょう。場合によっては、会社に説明して半休を取る必要があるかもしれませんね。また、決済に必要な書類などを忘れないようにしましょう。

残代金決済の時に売主が用意しなくてはならない必要なものとは?

2016.11.03

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!

ABOUTこの記事をかいた人

坂根大介

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。
主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。