消費税から昔に購入した不動産の建物価格を計算する方法とは?

不動産の税金

戸建てやマンションの不動産売買価格は、土地価格と建物価格にそれぞれ分けられます。もちろん、土地だけの売買の場合は、土地価格だけです。

もし、あなたが不動産を売却するときには、過去にいくらで建物を取得したのかという建物価格が必要になります。

手元に購入したときの売買契約書や領収書が残っているのが一般的ではありますが、それを見ると以下のように記載されています。

¥50,000,000(うち消費税80万円)

このような場合、どのようにして建物価格を計算すれば良いのでしょうか。ここではその計算方法に加えて「購入しようとしている不動産の消費税抜の建物価格の計算方法」についてわかりやすく説明します。

 

購入時の建物価格の算出方法

その不動産に消費税が「かかる」か「かからない」かは次の表の通りです。

売主が「個人 売主が「不動産会社
土地 非課税 非課税
中古戸建 非課税 課税
新築戸建 課税
投資用戸建 課税 課税
中古マンション 非課税 課税
新築マンション 課税
投資用マンション 課税 課税

消費税がかかる不動産と消費税がかからない不動産の違い

消費税がかかる不動産と消費税がかからない不動産の違い

2015.12.20

消費税が売買契約書や領収書に記載されている場合には、次の計算方法によって消費税から建物価格を逆算することができます。

消費税から建物価格を計算する方法

・建物価格 =(消費税 ÷ 8% [3% or 5%] )+ 消費税
・土地価格 = 購入代金 − 建物価格

消費税率は購入時の税率で計算しますが、消費税の課税の変遷は以下の通りです。

消費税率 期間
3% 1989(平成元)年4月1日〜1997(平成9)年3月31日
5% 1997(平成9)年4月1日〜2014(平成26)年3月31日
8% 2014(平成26)年4月1日〜2019年9月30日(予定)
10% 2019年10月1日〜(予定)

例えば、平成9年5月に戸建を購入したとしましょう。契約書には、「売買代金5,000万円(うち消費税80万円)」と記載されていた場合の計算方法は次の通りです。

・取得時の建物の価格:(80万円 ÷ 5%) + 80万円 = 1,680万円
・取得時の土地の価格:5,000万円 − 1,680万円 = 3,320万円

購入しようとしている不動産の消費税抜の建物価格の計算方法

もう一例出しましょう。例えば、今から購入しようと考えている新築戸建が4,500万円として、その販売資料に「4,500万円(うち消費税100万円)」と記載されていた場合の計算は次の通りです。

・建物の価格:(100万円 ÷ 8%) + 100万円 = 1,350万円
・土地の価格:4,500万円 − 1,350万円 = 3,150万円
・消費税を抜いた建物価格:1,350万円 − 100万円 = 1,250万円

いかがでしたでしょうか。建物の取得費を計算するときは、上記の方法で計算してください。

 

不動産の税金

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!

ABOUTこの記事をかいた人

坂根大介

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。 主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。