イクラちゃんねるライター募集
コロナショックで不動産は下がる? 対策していますか? 無料キャンペーン中! イクラ不動産

不動産売却の一括査定サイトを調べて一覧にしてみた(全10サイト)

不動産売却の一括査定サイトを調べて一覧にしてみた(全10サイト)

あなたは、不動産(土地・一戸建て・マンション)を売ろうと考えています。

不動産を売るには、不動産屋さんに相談すればよいということはわかるでしょう。でも、普段の生活において不動産屋に行くことなんてめったにないですよね。

そのときに便利なのが、不動産売却の「一括査定サイト」です。

不動産売却一括サイト

普通、複数の不動産会社で査定を受けるためには、自分でそれぞれの会社に連絡をしなければいけません。

一括査定サイトは、マッチングサイトとも呼ばれ、入口となる1つのサイト(一括査定サイト)に売却情報を入力するだけで、複数の不動産会社へ査定依頼できます。無料で利用できるため、複数の会社に査定してもらい、それぞれ比較したいと考えている人に便利ですよね。

ここで不動産売却の一括査定サイトをご紹介しましょう。

(掲載されているサイトの他にも一括査定サイトがある場合はお問い合わせよりご連絡ください。掲載させていただきます。)

 

不動産売却の一括査定サイト一覧

すまいValue

すまいステップ

すまいステップ

マンションnavi

マンションナビ

リビンマッチ

イエウール

%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%ab

不動産査定エージェント

不動産査定エージェント

まとめ

いかがでしたでしょうか。まず、これほど一括査定サイトがあることに驚いたことでしょう。

加えて、だいたい「全国◯◯◯社の中から査定」「最大◯社見積もり」「最短◯◯秒査定」「一番高い査定金額がわかる」という同じようなキーワードが並べられています。

例えば、「全国1,000社の中から査定」と書かれていると「おお、すごい!」と思うでしょう。しかし、不動産会社=宅地建物取引業者(賃貸なども含む)の数は12万を超えています。この12万の数の全てが不動産売却を扱っている会社ではありませんが、それでもこの1,000という数は、その内のごく一部ということになります。

また「最短◯◯秒査定」というのは、あなたがサイトに情報を入力する時間であって、最短◯◯秒で金額がわかるわけではありません。

その他、一括査定サイトのメリット・デメリットについては以下の『不動産売却の一括査定サイトで一番高い価格を提示されても意味はない』をご参照ください。

この記事をシェア

この記事の執筆者

坂根 大介
坂根 大介さかね だいすけ

イクラ株式会社代表。はつね司法書士事務所共同代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。
野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。
「証券×不動産(売買)×IT」という強みと、契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、不動産屋社長のためのノートを「イクラちゃんねる」にてわかりやすく発信している。
また、司法書士事務所では、不動産登記の専門家として登記だけでなく、離婚協議書の作成や遺産分割協議書の作成、相続登記、自己破産の申請を数多く行っており、住宅ローンなど金銭的問題・離婚・相続などを中心に法律に関わる不動産売却の相談が年間1000件以上ある。
イクラ株式会社では、売買実績豊富な信頼できる不動産会社だけを集めた「イクラ不動産」と、LINEで売却相談できる来店不要の不動産屋さん「スマホの不動産屋さん」を運営。
主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。