不動産を担保にしてお金を借りられる不動産担保ローンの会社をまとめた

不動産を担保にしてお金を借りられる不動産担保ローンの会社をまとめた

収入が減って生活費が不足しているときや借金の返済が苦しい場合など、「まとまったお金を借りることができたら良いのに」と考えるのは普通のことです。

マイホームなど、不動産を持っていれば、不動産担保ローンを利用してまとまったお金を調達することができます。

不動産担保ローンとは、不動産を担保に入れてお金を借りる商品のことです。

担保(たんぽ)とは、返済できなくなったときに、代わりに弁済を確保する手段として、あらかじめ債権者(貸している側)に提供しておくものという意味です。

一般的には、債務者(借りる側)の自宅に抵当権(ていとうけん)を設定して、金融機関からお金を借ります

抵当権とは、貸したお金が返済されない場合、不動産を強制的に売却(競売)してお金を回収する権利のことです。

抵当権(ていとうけん)とはなにかわかりやすくまとめた

不動産担保ローンを扱っているのは一般的な不動産会社ではありません。不動産担保ローンを扱うには、貸金業者の登録が必要です。そのため、宅地建物取引業しか持っていない不動産会社にお願いしてもお金を貸してくれません。いや、貸せません。貸してくれるのは、貸金業を持っていて、不動産担保ローンを扱っている金融機関です。

家は担保としての価値が高いので、数百万円などのまとまった金額を借りられるケースが多く、通常、利率も一般のカードローンなどよりは安くなります。住宅ローンなどとは異なり、借り入れたお金の用途は特に指定されず、自由に使えるフリーローンになるケースも多くなっています。

メリット・デメリットについてはこちらをご覧ください。

家を担保にして借金できる不動産担保ローンのメリット・デメリット

こちらでは「不動産担保ローン」を扱っている金融機関をまとめました。

(このページは、利用者が便利になるように不動産担保ローンを扱っている会社をまとめて掲載したく考えています。掲載されているサイトの他にも不動産担保ローンを扱っている会社がある場合はお問い合わせよりご連絡ください。掲載させていただきます。)

不動産担保ローンを扱っている会社のサイト一覧

つばさコーポレーション

トラストホールディングス

ジェイ・エフ・シー

総合マネージメント

クレジットのニチデン

三井住友トラストL&F

セゾンファンデックス

住信SBIネット銀行