不動産会社さま続々加入中! イクラちゃんねるが提供する新サービス イクラ不動産
不動産会社さま続々加入中! イクラちゃんねるが提供する新サービス イクラ不動産

付記登記(ふきとうき)とはなにか

付記登記(ふきとうき)とはなにか

Q:付記登記(ふきとうき)とはなんですか?

スマホの不動産屋さん LINEで簡単売却相談

A:主登記の内容を変更するために行う登記

登記は、順位番号の欄によって主登記(しゅとうき)付記登記(ふきとうき)にわかれます。

順位番号の数字が付けられた登記を主登記といいます。付記登記は、主登記に付け加えられた登記で、主登記の内容を変更するために行う登記です。付記登記は、新たな順位番号を付けずに、主登記の下に追加して記録します。

登記名義人の変更登記

(付記登記の例:登記名義人の変更登記)

こちらの順位番号1の登記が主登記、付記1号と記載されているのが、順位1番の登記の付記登記であることを示します。登記の目的は「1番登記名義人氏名変更」となっており、登記名義人の氏名が、北山タイコから波野タイコに変わっています。また、変更された旧氏名には、抹消を示す下線が引かれます。

買戻特約の登記は、所有権移転登記の付記登記で行います。

この記事をシェア

この記事の監修者

坂根 大介
坂根 大介さかね だいすけ

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。
野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。
不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。
主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。