附則5項道路(建築線)とはどのような道路なのか

附則5項道路(建築線)とはどのような道路なのか

Q:附則5項道路とはどのような道路ですか?

A:現況幅員が4m未満の公道

家を建てるときは、原則として次の接道義務を守らなければなりません。

幅員4m以上の建築基準法上の道路に、2m以上接道していないと家は建てられない

(建築基準法第42条43条/昭和25年11月23日施行)

そこで、役所で敷地と接している道路を調査すると「附則(ふそく)5項道路」と言われることがあります。附則5項道路とは指定幅員が4m未満の道路法による道路のことです。

道路法による道路といえば、一般的に42条1項項1号道路のことをさします。しかし、42条1項1号道路は幅員が4m以上の道路ですよね。ここでの道路法による道路とは、道路法上の道路とは、国・都道府県、市町村が認定、管理している国道・県道・市道・区道のことです。つまり、指定幅員が4m未満の公道ということですね。

続いて指定幅員についてですが、一般的に、私有地に道路の位置や幅員を指定(位置指定)することで、道路として認定されるのが、42条1項5号道路(位置指定道路)です。しかし、42条1項5号道路の指定幅員は4m以上です。

4m未満の道路といえば、一般的に42条2項道路のことさします。しかし、42条2項道路には指定幅員がありませんし、道路法による道路でもありません。

附則5項道路は、1950(昭和25)年11月23日の建築基準法施行以前に、「建築線」として道路幅員が指定された道のことです。これは今の建築基準法以前にあった旧市街地建築物法(市街地における建築を規定する法律)第7条ただし書きにより指定された道路で、現在は建築基準法附則5項により位置指定道路とみなしています。この道路のことを附則(ふそく)5項道路と呼んでいます。また「告示建築線(指定建築線)」と呼んでいる地域もあります。

そのため、建築基準法施行以前に、建築線として道路幅員が4m以上に指定されていても附則5項道路なはずです。大阪市中央区の船場建築線は、旧市街地建築物法第7条ただし書きにより、昭和14年4月4日に大阪府告示404号として指定されましたが、建築線として道路幅員が6m及び8mに指定されています。しかし、現況が4m以上あるため、附則5項道路ですが、42条1項1号道路に指定されています。

つまり、わざわざ役所がいう「附則5号道路」とは、どれにもあたらない道路のことで、現況の道路幅が4m未満の道路法による道路(公道)を指していることが多いです。

関東圏の場合、多くは次のように呼んでいます。

①指定幅員が4m以上の道→建築基準法第42条1項5号道路
②指定幅員が4m未満の道→建築基準法第42条2項道路
③指定幅員の定めがない4m未満の道→建築基準法第42条2項道路

近畿圏の場合、多くは次のように呼んでいます。

①指定幅員が4m以上の道→建築基準法第42条1項5号道路
指定幅員が4m未満の公道か指定幅員が4m以上であっても現況幅員が4m未満の公道→法附則5項道路
③指定幅員の定めがない4m未満の私道→建築基準法第42条2項道路

附則5項道路は、行政によって指導内容が異なるため、どのように対応すべきか個別にヒアリングして確認しなければなりません。

42条の建築基準法の道路と接道義務、調査方法についてわかりやすくまとめた

2015.12.13