3月15日を超えた場合の贈与税の特例制度の適用は可能か

贈与税のイメージ画像byいくらチャンネル

あなたが不動産を購入するため、親から住宅購入資金として贈与を受ける場合には「相続時精算課税選択の特例」や「住宅取得等資金の非課税制度」があります。そして、その適用を受ける要件として、「贈与の翌年3月15日までに住宅の引渡しを受け同日までに居住していること、または居住することが確実であると見込まれていること」という要件があります。

不動産の贈与の制度-相続時精算課税と住宅取得等資金の非課税

2015.12.28

もし、翌年の3月15日までに住宅の引渡しや居住が間に合わない場合、「相続時精算課税選択の特例」および「住宅取得等資金の非課税制度」の適用を受けることはできるのでしょうか。

 

贈与の翌年の3月15日までに住宅取得・居住が間に合わない場合は?

この場合「相続時精算課税選択の特例」および「住宅取得等資金の非課税制度」の適用を受けることはできません

もし、間に合わない場合は以下を参考にすると良いでしょう。

1.親が出した金額分を親の持分として登記する。

どこまで出したお金が共有名義・共有持分に含まれるのか

2015.12.22

2.親が出したお金を親からの借入金とする。(実際に長期で返済する)

親からお金を援助してもらって不動産を購入する3つの方法

2016.01.01

3.「相続時精算課税制度」を利用する。(親の年齢制限・非課税枠に注意)

不動産の贈与の制度-相続時精算課税と住宅取得等資金の非課税

2015.12.28

4.通常の贈与として贈与税を納める。

贈与税がかかるかも?不動産の贈与税について知るべきこと

2015.12.25
贈与税のイメージ画像byいくらチャンネル

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!

ABOUTこの記事をかいた人

坂根大介

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。 主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。