ハザードマップとはなにか、家が建っている場所のチェックポイント

ハザードマップとはなにか、家が建っている場所のチェックポイント

Q:ハザードマップとはなんですか?

A:自然災害による被害とその範囲を予測した地図

ハザードマップとは、自然災害による被害とその範囲を予測した地図です。予測される災害の発生地点、被害の範囲や程度、避難経路や避難場所などの重要な情報が地図上に示されたものです。

ハザードマップは、国土交通省が全国のハザードマップの公表状況をまとめた「わがまちハザードマップ」で取得することができます。

わがまちハザードマップ

わがまちハザードマップ

ハザードマップは、自然災害によって次の種類にわけられます。

洪水ハザードマップ:主に河川の氾濫を想定した地図のこと言うことが多く、堤防が決壊した際の浸水想定区域およびその際の水深を示した浸水想定区域図に、避難場所などを加えた地図です。(関連:浸水想定区域についてわかりやすくまとめた

内水(ないすい)ハザードマップ:内水被害(ないすい)とは、川が水で満杯になり、川に排水できなかったり、排水路の整備が不十分で、川に入るまでに生じる被害です。(関連:都市洪水想定区域・都市浸水想定区域についてわかりやすくまとめた

高潮(たかしお)ハザードマップ:高潮とは、台風や発達した低気圧が海岸地域を通過する際に生じる海面の高まりをいい、地震によって生じる津波とは異なります。

津波ハザードマップ

土砂災害ハザードマップ:土石流やがけ崩れなどの危険性がある地域を示した地図。また、土砂災害(特別)警戒区域についても示されています。(関連:土砂災害特別警戒区域・土砂災害警戒区域についてわかりやすくまとめた

火山ハザードマップ

地震防災危険マップ

液状化マップ:液状化とは地震の振動で地盤が揺さぶられて、液体の状態に変化することです。液状化(ハザード)マップが公開されている自治体もあります。(関連:液状化(えきじょうか)とはなにかわかりやすくまとめた

洪水・土砂災害・津波について、まとめて地図上で確認したい場合は、国土交通省の「重ねるハザードマップ」が便利です。

重ねるハザードマップ

重ねるハザードマップ

防災マップとの違い

防災マップとは、特定の災害を対象とせず、避難経路や避難場所、防災機関などの情報がのっている地図です。

家の建っているチェックポイント

まずは、家の建っている場所をハザードマップを利用して確認してみましょう。リスクが全くない土地はないので、リスクを知ったうえでどのように対策をしておくかが重要です。

加えて、地域の自然災害リスクを示した地図である国土交通省(国土地理院)の「土地条件図」を利用します。

土地条件図とは、防災対策や土地利用・土地保全・地域開発等の計画策定に必要な、土地の自然条件等に関する基礎資料を提供する目的で、昭和30年代から実施している土地条件調査の成果を基に、主に地形分類(山地、台地・段丘、低地、水部、人工地形など)について示したものです。

この「土地条件図」のサイトの「地形分類」を見ることで、自然災害リスクとその土地の成り立ち、つまりその土地が自然本来の地形(自然地形)なのか、人の手が加わった人工的な地形(人工地形)なのかが一目でわかります

土地条件図

土地条件図

左上の「情報」→「ベクトルタイル提供実験」→「地形分類(自然地形)」または「地形分類(人工地形)」で調べることができます。

これにより、地形から見た自然災害リスクを知ることができます。

崖や地すべり地形が良くないのはもちろんのことですが、旧河道や旧水部、盛土の土地かどうか知っておいたほうが良いでしょう。

地形分類(自然地形)の種類と成り立ち、自然災害リスクについて

地形分類 土地の成り立ち 地形から見た自然災害リスク
山地 尾根や谷からなる土地や、比較的斜面の急な土地。山がちな古い段丘崖の斜面や火山地を含む。 大雨や地震により、崖崩れや土石流、地すべりなどの土砂災害のリスクがある。
崖(がけ)・段丘崖(だんきゅうがい) 台地の縁にある極めて急な斜面や、山地や海岸沿いなどの岩場。 周辺では大雨や地震により、崖崩れなどの土砂災害のリスクがある。
地すべり地形 斜面が下方に移動し、斜面上部の崖と不規則な凹凸のある移動部分からなる土地。山体の一部が重力により滑ってできる。 大雨・雪解けにより多量の水分が土中に含まれたり、地震で揺れたりすることで、土地が滑って土砂災害を引き起こすことがある。
台地・段丘(だんきゅう) 周囲より階段状に高くなった平坦な土地。周囲が侵食により削られて取り残されてできる。 河川氾濫のリスクはほとんどないが、河川との高さが小さい場合には注意。縁辺部の斜面近くでは崖崩れに注意。地盤は良く、地震の揺れや液状化のリスクは小さい。
山麓堆積地形(さんろくたいせきちけい) 山地や崖・段丘崖の下方にあり、山地より斜面の緩やかな土地。崖崩れや土石流などによって土砂が堆積してできる。 大雨により土石流が発生するリスクがある。地盤は不安定で、地震による崖崩れにも注意。
扇状地(せんじょうち) 山地の谷の出口から扇状に広がる緩やかな斜面。谷口からの氾濫によって運ばれた土砂が堆積してできる。 山地からの出水による浸水や、谷口に近い場所では土石流のリスクがある。比較的地盤は良いため、地震の際には揺れにくい。下流部では液状化のリスクがある。
自然堤防 現在や昔の河川に沿って細長く分布し、周囲より0.5~数メートル高い土地。河川が氾濫した場所に土砂が堆積してできる。 洪水に対しては比較的安全だが、大規模な洪水では浸水することがある。縁辺部では液状化のリスクがある。
天井川(てんじょうがわ) 周囲の土地より河床が高い河川。人工的な河川堤防が築かれることで、固定された河床に土砂が堆積してできる。 ひとたび天井川の堤防が決壊すれば、氾濫流が周辺に一気に拡がるため注意が必要。
砂州(さす)・砂丘(さきゅう) 主に現在や昔の海岸・湖岸・河岸沿いにあり、周囲よりわずかに高い土地。波によって打ち上げられた砂や礫、風によって運ばれた砂が堆積することでできる。 通常の洪水では浸水を免れることが多い。縁辺部では強い地震によって液状化しやすい。
凹地(おうち)・浅い谷 台地や扇状地、砂丘などの中にあり、周辺と比べてわずかに低い土地。小規模な流水の働きや、周辺部に砂礫が堆積して相対的に低くなる等でできる。 大雨の際に一時的に雨水が集まりやすく、浸水のおそれがある。地盤は周囲(台地・段丘など)より軟弱な場合があり、とくに周辺が砂州・砂丘の場所では液状化のリスクがある。
氾濫平野(はんらんへいや) 起伏が小さく、低くて平坦な土地。洪水で運ばれた砂や泥などが河川周辺に堆積したり、過去の海底が干上がったりしてできる。 河川の氾濫に注意。地盤は海岸に近いほど軟弱で、地震の際にやや揺れやすい。液状化のリスクがある。沿岸部では高潮に注意。
後背低地(こうはいていち)・湿地(しっち) 主に氾濫平野の中にあり、周囲よりわずかに低い土地。洪水による砂や礫の堆積がほとんどなく、氾濫水に含まれる泥が堆積してできる。 河川の氾濫によって周囲よりも長期間浸水し、水はけが悪い。地盤が軟弱で、地震の際の揺れが大きくなりやすい。液状化のリスクがある。沿岸部では高潮に注意。
旧河道(きゅうかどう) かつて河川の流路だった場所で、周囲よりもわずかに低い土地。流路の移動によって河川から切り離されて、その後に砂や泥などで埋められてできる。 河川の氾濫によって周囲よりも長期間浸水し、水はけが悪い。地盤が軟弱で、地震の際の揺れが大きくなりやすい。液状化のリスクが大きい。
落堀(おちぼり) 河川堤防沿いにある凹地状の土地。洪水のときに、堤防を越えた水によって地面が侵食されてできる。 河川の氾濫や堤防からの越水に注意。周囲の地盤に比べて軟弱なことが多く、液状化のリスクが大きい。
河川敷・浜 調査時の河川敷や、調査時または明治期等に浜辺、岩礁である土地。 河川の増水や高波で冠水する。河川敷は液状化のリスクが大きい。
水部 調査時において、海や湖沼、河川などの水面である場所。
旧水部 江戸時代または明治期から調査時までの間に海や湖、池・貯水池であり、過去の地形図などから水部であったと確認できる土地。その後の土砂の堆積や土木工事により陸地になったところ。 地盤が軟弱で、液状化のリスクが大きい。沿岸部では高潮に注意。

地形分類(人工地形)の種類と成り立ち、自然災害リスクについて

地形分類

土地の成り立ち 地形から見た自然災害リスク
切土地(きりどち) 山地、台地の縁などの斜面を切取りにより造成した土地。 切取り斜面によっては、大雨や地震により斜面崩壊のリスクがある。地盤は一般的に良好。
農耕平坦化地 山地などを切り開いて整地した農耕地。 大雨や地震により崩壊するリスクがある。
高い盛土地(もりどち) 周辺よりも約2m以上盛土した造成地。主に海水面などの水部に土砂を投入して陸地にしたり、谷のような凹地を埋め立てて造成した土地。 海や湖沼、河川を埋め立てた場所では、強い地震の際に液状化のリスクがある。山間部の谷を埋め立てた造成地では、大雨や地震により地盤崩壊のリスクがある。
干拓地(かんたくち) 水面や低湿地を堤防で締め切って排水して、新たな陸地になった土地。過去の地形図や資料から、干拓されたことが確認できる場所。 一般に海・湖水面より低いため、洪水時に氾濫水が留まりやすい。沿岸部では特に高潮に対して注意が必要。地盤は軟弱で、地震による揺れも大きくなりやすい。液状化のリスクがある。
盛土地・埋立地 周囲の地表より高く盛土した土地や、海水面などの水部に土砂を投入して陸地にしたり、谷のような凹地を埋め立てて造成した土地。 高さが十分でない場合には浸水のリスクがある。山地や台地では降雨・地震により地盤崩壊のリスクがある。低地では液状化のリスクがあり、海や湖沼・河川を埋め立てた場所では特に注意。