売却に強い 不動産屋を集めたサイト イクラちゃんねる認定 イクラ不動産
売却に強い 不動産屋を集めたサイト イクラちゃんねる認定 イクラ不動産

閉鎖登記簿(へいさとうきぼ)・閉鎖謄本(へいさとうほん)とはなにか

閉鎖登記簿(へいさとうきぼ)・閉鎖謄本(へいさとうほん)とはなにか

Q:閉鎖登記簿(へいさとうきぼ)・閉鎖謄本(へいさとうほん)とはなんですか?

スマホの不動産屋さん LINEで簡単売却相談

A:公開の対象から外れた登記簿

不動産登記とはその不動産がどんなものなのか、どこの誰が所有しているかを記録しているものであり、またその不動産で誰がどんなことをしたのか記録したものです。それらの記録がまとめられた台帳を「登記簿」といいます。

「謄(とう)」という字は、原本をそのまま写すという意味であり、登記簿謄本とは原本である登記簿をコピーしたものです。それが、現在は紙ではなくなったことから原本が存在しなくなり、コンピューター化によって、代わりに磁気ディスク内容の登記内容(登記事項)をプリントアウトした書類が、登記事項証明書です。

登記簿謄本と登記事項証明書の違いはなにか

2018.01.08

登記簿は、誰でも見られるように公開されていますが、その公開の対象から外された登記簿のことを閉鎖登記簿(閉鎖謄本)といいます。コンピューター化後に閉鎖されたものは、閉鎖事項証明書といいます。

閉鎖される登記簿として、滅失登記された登記簿や、合筆や区画整理の換地処分により、消滅した地番の登記簿があります。

不動産の過去の状況を調べる方法として、閉鎖登記簿のほかに旧土地台帳があります。

不動産の過去の状況がわかる旧土地台帳とはなにか

2018.01.05

この記事をシェア

この記事の監修者

坂根 大介
坂根 大介さかね だいすけ

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。
野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。
不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。
主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。