不動産の売却をお願いする前に、不動産屋はどうやって買主を探すの?

不動産の売却をお願いしたけど、不動産屋はどうやって買主を探すの?

あなたは、不動産屋さんに不動産の売却を依頼しようと考えています。でも、その前に不動産屋さんがどうやって買主を探しているのか気になりませんか?

購入希望者を探す方法として大きく6つの方法があります。

購入希望者を探す方法
  1. インターネット
  2. チラシ
  3. 電話
  4. 来店
  5. オープンハウス
  6. レインズ

ここでは「不動産屋が買主を見つけるための6つの方法」について説明します。

 

1.インターネット

インターネット上にあなたの不動産を掲載して、購入希望者を集める方法です。インターネットは、大きく分けて不動産ポータルサイト自社ホームページの2つにわけることができます。

不動産ポータルサイト

ポータルサイトとは、多くの人がインターネットにアクセスして最初に訪れるWebサイトのことで、ポータルとは「玄関・入り口」という意味です。不動産のWebサイトといえばこのようなサイトを思い浮かべるのではないでしょうか?

不動産ポータルサイト

これらは不動産サイトを運営しているだけで、不動産屋さんではありません。

(上記は不動産ポータルサイトの一部です。)

皆さんが知っているサイトほど、基本的に掲載料金がかかります。今やHOME`SとSUUMO、athomeの3強といっても良い状況ですが、お金がかかるので掲載してくれない不動産会社があることに注意が必要です。

掲載してくれるか、してくれないかどちらが良いかというと、掲載してくれる方が良いに決まっていますよね。

自社ホームページ

不動産会社のホームページにも掲載します。「そんなの当たり前だ」と思うことでしょうが、ホームページがない不動産会社も多くあります。その地域でじっくり探している購入希望者は、大手・中小問わず、その地域にある各不動産会社のホームページを見て、新しい不動産が出ていないかをチェックしています。そして、自社ホームページからの問い合わせも結構あるのです。もちろん、大手不動産のホームページほど見ている人の数が多いことは言うまでもありません。

また、最近はスマートフォンで不動産を探す方も多いので、スマートフォンに対応しているホームページかどうかもチェックすべきでしょう。

あと、不動産ポータルサイト・自社ホームページに問わず、不動産会社に写真をきれいに撮ってもらうことや、気の利いたコメントを入れてもらうことは、購入希望者の目線で考えれば大事なことです。また、他社の不動産会社のホームページにあなたの不動産の掲載を許可するかどうかも聞いておくべきでしょう(「他社のサイトは管理ができないので、掲載を許可していません」というところもあれば、「広く募るため許可しています」というところもあります。)。

 

2.チラシ

チラシにあなたの不動産を掲載して、購入希望者を集める方法です。チラシは、大きく分けて新聞折込ポスティング(手撒き)の2つにわけることができます。近年、広告媒体の主流は紙からインターネットと移ってきていますが、今でもなお効果的な手法でもあります。

新聞折込とポスティング

新聞折込

インターネットが広がる前まで、週末の新聞折込は効果的でした。しかし近年、そもそも新聞を購読しない世帯が若年層を中心に急速に増えており、新聞折込の影響力は小さくなってきています。その一方で、新聞を購読しているご年配の方には、一定の効果を発揮します。一般的にご年配の方は子供の独立と共に、駅チカでそれほど面積の広くないマンション移る傾向があります。そのような不動産であれば、新聞折込も効果的といえるでしょう。

ポスティング(手撒き)

手撒きチラシは必要です。実は、買主の多くはあなたの近くに住んでいる(同じ地区の出身)のです。「住めば都」という言葉もありますが、その地域に住んでいる人がその地域の良さを一番わかっているので、購入する確率が高いのです。不動産売買に興味のない99%の人は、チラシを見ずに捨てます。しかし、不動産購入を真剣に検討している1%の人は、必ず見るはずです。

 

3.電話(メール)

すでに不動産会社に購入の相談をしていたお客様の条件が、あなたの不動産に合致しそうなら紹介します。特に顧客名簿とかを買って、無作為に電話するわけではありません。居住用の不動産の購入に興味がない人にいくら電話しても買ってくれませんから。

不動産追客リスト

購入希望者の中には、同じ町内の不動産、同じマンション内の広いタイプ、同じ小学校区・中学校区の不動産など購入の条件を限定するお客様もいます。条件が厳しければ厳しいほど、条件に合致する不動産は少なくなります。そうして、条件に合致する不動産が出るまで待っている購入希望者がいるのです。そのような購入希望者は、条件が合致すれば購入に至る可能性が非常に高いのです。

 

4.来店

不動産の購入の相談をするためにご来店されたお客様にも紹介します。

 

5.オープンハウス

オープンハウス(現地内覧会)とは、物件の購入を検討している人が自由に見学できるように家を開放するものです。基本的に空家の場合に行い、売主が居住中の場合は行いません。営業マンが待機して、ご売却物件へのさまざまな質問に対応します。

オープンハウス

オープンハウスは効果的な方法の一つです。チラシやインターネットでオープンハウスの告知を行いますが、それを見て実際に足を運んでくるお客様は、その不動産に対する関心度が高く、購入に直結するケースも多いのです。

 

6.レインズ

レインズとは、簡単にいうと不動産会社のみ利用できるサイトで、そこにあなたの不動産を掲載することで、他の不動産会社からも購入希望者を紹介してもらえます。(「不動産売却をスタートする前にレインズについて必ず知っておこう!」参照)

近畿レインズ2

レインズに登録すると、より多くの購入希望者に紹介してもらうことができますが、レインズに登録さえすれば良いというわけではありません。不動産会社が売主からいただく仲介手数料には、上記1〜5を行うことも含まれています。不動産会社Aは1〜6まで全て行うのに、不動産会社Bは6しか行わないとすればどうでしょうか。結果的にそれで売れたとしても、結果論であって、最善を尽くしてくれたといえません。不動産の売却を依頼する際は、不動産会社に対して「どのような売却活動を行ってくれるのか」を必ず確認すべきです

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。不動産屋さんはこれらの方法で買主を探します。不動産会社に上記の方法をできる限り全て行ってもらうことで、自分の不動産を1人でも多くの購入希望者に知ってもらうことが重要です。そのことが結果的に早く、そしてより良い条件で売却することができる秘訣といえるでしょう。

 

不動産の売却をお願いしたけど、不動産屋はどうやって買主を探すの?

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!

ABOUTこの記事をかいた人

坂根大介

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。
主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。