京阪電車が100年住宅のゼロホームを買収

京阪HDがゼロホームを買収

京阪電車の京阪HDが、中堅の新築戸建て建築会社のゼロホームを買収します。

戸建て建築会社買収 京阪HD、沿線の開発強化

京阪ホールディングス(HD)は29日、京都市が地盤の住宅建築会社、ゼロ・コーポレーション(京都市)を子会社にすると発表した。戸建て住宅など不動産事業の強化が目的で、京都府や大阪府など沿線での宅地の再開発に生かす。7月3日にも親会社のゼロホールディングス(同市)から全株式を取得する。買収額は非公開。

京阪HDは大阪府枚方市などで大規模ニュータウン開発を手掛ける。今後寝屋川市など沿線の宅地再開発が見込まれるなか、戸建て住宅の外注を減らし採算性を高める。

戸建ての建設を担う京阪電鉄不動産(大阪市)とノウハウを共有し、狭小地や特異な形の土地での建築やリノベーションなどの需要も取り込む。ゼロ・コーポレーションの2017年3月期の売上高は121億円。

(2017年5月30日日本経済新聞朝刊関西経済31面抜粋)

ゼロホーム

株式会社ゼロ・コーポレーションは「ゼロホーム/100年住宅」のブランドで木造住宅を手掛けており、狭い敷地に設計、施行する技術に強みがあります。特に、業界内では「100年住宅」というように「魅せる」ブランドづくりも上手な会社と知られています。

100年住宅のゼロホーム

(柱に「100年住宅のゼロホーム」を入っているのが特徴。消費者もこれを見て安心することが多い。)

1982(昭和57)年に京都で設立した会社ですが、近年は関西一円に商圏を広げており、関西のお住まいの方は一度はテレビCMを見たことがあるのではないかと思います。

メインは3000〜4000万円台の建売住宅注文住宅で、京都南部や大阪北部で年間500戸程度供給しています。

建売住宅と注文住宅の違いについては以下をご覧ください。

建売住宅と売建住宅ってなに?建築条件付きの土地とは?

2017.05.10

2017年3月期の売上高は121億円でした。直近3年間の経営成績は以下の通りです。

(単位:百万円) 平成27年3月期 平成28年3月期 平成29年3月期
売上高 11,381 12,869 12,157
営業利益 296 749 355
経常利益 417 582 329
純利益 281 340 48

直近3年間の財政状態についても以下の通りです。

(単位:百万円) 平成27年3月期 平成28年3月期 平成29年3月期
純資産 7,231 7,571 800
総資産 15,811 18,439 10,633

同じような業態の会社で、建築費(1000万円台)の高低を分類するとゼロホームは以下の位置ぐらいになります。

建売分譲業界図(秀光・ゼロ・アキュラ)

買収金額は非公表とのことですが、京都新聞が約100億円前後と報じています。

取得額は100億円前後とみられ、京阪グループの企業買収では過去最大級の規模という。従業員約160人は引き継ぎ、ゼロ社の金城一守社長が引き続き経営を担う予定。

京都新聞社より抜粋)

ゼロ・コーポレーションは金城社長が一代で築いた会社ですが、ご子息様は東証上場の会社にお勤めされているとかで、以前から後継者をどうするのかという話が業界内でも噂されていました。売上高などの決算内容も開示していることから、上場するのではないかとも憶測がありましたが、まさか京阪HDに買収されるとは誰も予想していなかったでしょう。

京阪HDとの相乗効果はかなりあると見られます。

京阪HDといえばもちろん京阪電車ですが、実は収益の2大柱は鉄道と不動産(京阪電鉄不動産)となっています。実際、京阪グループ中期経営計画(2015〜2017年度)でも、経営基盤の強化策として「グループの成長エンジンとしての不動産業」と掲げています。

京阪HDの不動産収益割合

しかし、不動産事業の主力は新築マンション分譲であり、戸建分譲についてはほとんど外注に頼っており、ウィークポイントとなっていました。

京阪HDマンション分譲(20173月期)

ゼロ・コーポレーションが持つ、市街地での建て売りや注文建築のノウハウを取り込み、京阪沿線の住宅開発を強化します。例えば、長年開発してきた「京阪東ローズタウン」で分譲されている一戸建ては、今後ゼロホームになるかもしれません。

京阪東ローズタウン

ゼロ・コーポレーションとしても事業をさらに拡大するには、大規模用地の仕入れが必要になってきますが、人口減社会の突入もあり、新築優位のモデルが徐々に減退している中、京阪とタッグを組むことで、安定的に収益を出すことができるはずです。

ゼロホームは、「決してめちゃくちゃ安いわけではないが、安心して暮らすことができそう」というブランド戦略が上手なので、今回の京阪HDによる買収によって大きなシナジーが見込めそうです。

京阪HDがゼロホームを買収

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!

ABOUTこの記事をかいた人

坂根大介

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。 主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。