「建築と建設」「増築と改築」の違いについてわかりやすくまとめた

「建築と建設」「増築と改築」の違いについてわかりやすくまとめた

Q:不動産用語の建築と建設、増築と改築の違いについて教えてください。

建築と建設、増築と改築の違い

建築とは、建(た)て築(きず)くという意味であり、主に建物を建てる場合に使います。一方、建設は大きな物をつくるという意味であり、建築工事に土木工事を合わせたイメージになります。

「建築」という用語は、法律で次のように定義されています。

建築物を新築し、増築し、改築し、または移転することをいう。

建築基準法第2条1項13号

建築物を①「新築」②「増築」③「改築」④「移転」することが建築であるとしています。

新築とは、なにもないところに新たに建物を建てることです。

増築とは、すでにある建物に、追加して床面積を増やすことを意味します。今ある部分に増やすイメージですが、別棟を建てることも増築です。

問題は改築です。改築はなんとなくリフォームのイメージがありますが、厳密に言うと少し違います。改築は元々あった建物の構造部分の一部、もしくは全部を取り壊して、ほぼ同じような建物を改めて作り直すことを指します。基礎や梁だけ残して、全部やりかえるのは改築になりますが。お風呂やキッチン、壁紙だけを交換するのは、改修にあたります。改修とは、建物の構造部分を壊さずに修理を行う場合を意味します。

移転は、現在ある建物をそのままの状態で移動する建築工法である曳家(ひきや)を指します。

【関連記事】

不動産用語の「工作物、建築、建築物」はどう違うのか

工作物・建築・建築物の違いについてわかりやすくまとめた

2018.01.13