不動産の過去の状況がわかる旧土地台帳とはなにか

不動産の過去の状況がわかる旧土地台帳とはなにか

Q:旧土地台帳(きゅうとちだいちょう)とはなんですか?

A:登記簿ではわからない過去の情報を知ることができる資料

旧土地台帳により、登記簿謄本ではわからない過去の情報を得られることがあります。例えば、その不動産がどのような経緯で取得したのか知りたいとき、登記簿謄本を見ますが、過去にさかのぼって明治時代はどのような状況だったのかまではわかりません。

旧土地台帳

(旧土地台帳の例)

このような不動産の過去の状況を調べるためには、まず閉鎖登記簿を調べますが、ほかには旧土地台帳を利用できます。

土地台帳とは、もともとは明治時代の地租(土地の税金)課税のための台帳であり、その後税務署の管理となりました。1950(昭和25)年の税制改革により地租が廃止され、代わりに市町村が固定資産税を課税することになり。土地台帳は課税台帳としての役割を終え、不動産登記を扱う法務局の管理となりました。

その後、地目や地積の変更や分筆、合筆があっとときは、登記簿と土地台帳の両方を書き換えていましたが、どちらも同じ内容を更新する意味はないため、1960(昭和35)年から一本化されました。一本化されると土地台帳は使われなくなって閉鎖され、現在は「旧土地台帳」と呼ばれて、法務局に保管されているのです。

旧土地台帳の取得方法についてはこちら

登記簿謄本・公図・地積測量図・建物図面・閉鎖登記簿・旧土地台帳の申請書の書き方

2018.01.11