売却に強い 不動産屋を集めたサイト イクラちゃんねる認定 イクラ不動産
売却に強い 不動産屋を集めたサイト イクラちゃんねる認定 イクラ不動産

更地・底地・建付地とはなにかわかりやすくまとめた

更地・底地・建付地とはなにかわかりやすくまとめた

Q:更地(さらち)・底地(そこち)・建付地(たてつけち)とはなんですか?

スマホの不動産屋さん LINEで簡単売却相談

A:土地を細かく分類したもの

土地は、地上に建物があるないか、また建物との権利関係によって次のように分類されます。敷地(しきち)とは、建築物が建っている土地のことです。

更地(さらち)

更地

更地(さらち)とは、建物がなく、手を加えられていない土地で、空き地のことです。建物や使用収益(土地を使用したり、それによって利益を得ること)を制約する権利がなく、自由に使うことができる土地です。

建付地(たてつけち)

建付地

建付地(たてつけち)とは、地上に自分の建物があり、土地と建物が同一所有者で、建物の敷地となっている土地のことです。特に使用収益を制約する権利がなく、普通の戸建ての土地(建物の所有者は自分、土地の所有者も自分)のことです。

 

貸家建付地(かしやたてつけち)

税務上は、さらに貸家建付地という分類があり、自分が所有している建物を第三者に貸している場合の土地、つまり貸家が建っている土地のことです。

 

底地(そこち)

底地

底地(そこち)とは、自分の土地を貸して地上に他人の建物がある、いわゆる借地権の負担を受けている土地のことです。

 

借地権(しゃくちけん)

自分の建物(家など)を建てるために他人の土地を借りる権利のことで、建物の敷地(借地)に対して借地人(しゃくちにん:借りて側)が持つ権利です。

借地権についてわかりやすくまとめた

借地権についてわかりやすくまとめた

2016.06.24

 

つまり、借り手側からみた土地が「借地」貸して側からみた土地が「底地」です。

底地は、自分の土地でありながら自由に使うことはできず、地代収入しか得られないため、その価値は更地に比べて低くなります。税務上では、底地のことを貸宅地(かしたくち)といいます。

底地という言葉は、借地権の負担を受ける土地以外に、権利関係のことを関係なしに、たんに物理的に建物が存在する、「底の土地(敷地)」という意味で使われることがあり、「建物の底地地番(建物が建っている土地の地番)を教えて欲しい」というような使い方をします。

この記事をシェア

この記事の監修者

坂根 大介
坂根 大介さかね だいすけ

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。
野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。
不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。
主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。