「管理組合の名称および管理の委託先」とはなにか

重要事項説明書の画像

不動産を売買する際、重要事項説明書の中に「管理組合の名称および管理の委託先」という項目がある。

(この項目では、FRK・宅建協会・全日・全住協の重要事項説明書を念頭に説明しており、書式や記載方法は微妙に異なっていますが、用語の意味や記入すべき内容は基本的に同じです。ここではFRKの記入方法を中心に解説しています。)

管理組合の名称および管理の委託先とは?

管理組合(全部委託管理)

管理組合の名称

管理組合の名称を記入する。

管理の形態

マンションの建物とその敷地、マンション付属施設の管理については、通常は管理規約に定められており、その内容に従って管理組合が管理を行う。

管理組合といっても、実際に活動しているものや名ばかりのものなど、その実態はさまざまだ。例えば、郊外型の居住用マンションは組合活動が活発で管理組合の存在がはっきりしているケースが多いが、都内のワンルームマンションは管理組合といっても名ばかりで、ほとんど機能していない。

したがって、委託管理(管理を業者にお任せすること)している場合でも、管理組合と管理会社が連携しているケースもあれば、管理会社が実質的に単独で管理を行っているものもあり、実態はマンションごとに異なっている。そのため、管理について調査をする場合は、組合活動の内容がどうなっているかをよく調査し、買主に説明した方が良い。

管理の形態は大きく分けると以下の3つの方式がある。

自主管理(直接管理方式)

区分所有者全員(マンション所有者)が協力して管理業務を分担し、管理員を直接雇用し、または清掃・設備保守を、管理全般を請け負うマンション管理会社を通さず直接専門業者に委託するなど、自ら管理を行う方式だ。一般的には小規模なマンションに見られることが多い。区分所有者が自ら管理業務を行うため、管理費が低額で済むというメリットがある。逆に、所有者一人ひとりの負担が大きいこと、修繕積立金など巨額のお金を管理する上での不安があることがデメリットだ。

管理組合(自主管理)

一部委託管理(一部委託方式)

基本的には自主管理方式と同じだが、管理業務の一部、例えば清掃または設備保守だけをマンション管理会社に委託する方式だ。

全部委託管理(一括委託方式)

区分所有者の合意のもとに、管理業務の全て(事務管理業務・管理員業務・清掃業務・設備管理業務)をマンション管理会社に委託する方式だ。この方式は、自主管理や一部委託管理方式に比べ管理費は多少上がるが、その分手を煩わす必要がなく、負担が少ない。全部委託管理のマンションが大半を占めている。

当該マンションが上記のいずれに該当するのか、売主・管理組合の役員(理事長など)・管理会社・管理人にヒアリングし、また管理規約を確認、調査の上、該当する管理形態を記入し説明する。

管理委託先

全部委託管理で、区分所有建物およびその敷地の管理が委託されているとき(一部委託管理を含む)は、その委託を受けている者の氏名(法人の場合はその商号または名称)・住所(法人の場合は主たる事務所の所在地)・電話番号を記入し、さらに管理の委託先が、マンション管理業者登録簿(マンションの管理の適正化の推進に関する法律第44条第1項)に登録を受けている場合には、その登録番号も記入する。

管理の委託がされていなく、自主管理を行っているときは「その他」の項目欄に管理組合の代表者・管理人等の連絡先を記入する。

その他(自主管理)

 

重要事項説明書の画像

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!

ABOUTこの記事をかいた人

坂根大介

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。 主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。