不動産が売れる時期は春と秋ってホント?売買が活発な時期を調べてみた

不動産が売れる時期は春と秋ってホント?売買が活発な時期を調べてみた

あなたは、不動産(土地・一戸建て・マンション)を売ろうと考えています。

高く売るためにも、できるだけ多くの購入希望者に見てもらいたいと思うことでしょう。

中古の不動産売買が活発になるのはいつ頃なのでしょうか。

不動産売れる時期

不動産屋さんにこの質問をすると、だいたい「春と秋ですね〜。新学期が始まったり、人事異動がありますからね。」という答えが帰ってきます。しかし、本当に「春」と「秋」なのでしょうか。

そこで中古の不動産取引が活発になる時期を調べてみました。

 

不動産売買が活発な時期は?

下のグラフは「1〜12月の月ごとの中古マンションの売買契約(=成約)数」を示しています。単年の場合だと、市況や天災地変によって契約数が大きく異なることがあるため、2013〜2015年までの3年間の平均で、また地域によって偏りがないかも調べるため首都圏と近畿圏でそれぞれ調査しました。(『東日本レインズREINSTOWER』『近畿レインズMonthlyReport』より)

中古マンション平均成約件数

こちらを見ると、不動産取引はダントツ3月に多いことがわかります。続いて2月ですね。やはり、新学期前のシーズンに集中していることがわかります。

しかし、これを見る限り特段「秋」に集中しているとは言えません。不動産屋さんが秋に集中する理由として「人事異動による転勤」を挙げますが、一般的に人事異動の時期は3月・4月・6月・7月・9月・10月と業種によってバラバラです。たまに「転勤が決まって、良い物件があればすぐに買いたい」というお客様もいることから、それが頭に残って「人事異動の時期=不動産取引が活発」となっているものと思われます。

むしろ注目すべきは、取引が活発でない時期(閑散期)です。件数が一番少ない月は8月で、その次が1月です。これは不動産屋さんがいう「一八(いっぱち)」です。この時期はお客様の動きが鈍く、何をしてもダメだといわれます。

8月は暑すぎるんですよね。中古物件で空き家の場合はクーラーなどありません。熱中症になりそうなぐらい暑いんです。それを何件もハシゴして物件の内覧となると、精神的に相当参ってきて、真剣に物件を選ぼうという気にならないからでしょう。また、年末の12月に家を購入して新生活をスタートしようという気持ちにもなりませんよね。それでなくとも年末は忙しいので、セカセカしている中で「この家に決めた」という人が減るのはわかります。そういう意味で「春」と「秋」は、物件を見て回るのに季節的に良い時期なのでしょう。

1月も件数が少ないのですが、1月が少ないのは寒いからではありません。興味深いデータがあります。

中古マンションキーワードボリューム

こちらはGoogleトレンドです。Googleトレンドは、ある単語がGoogleでどれだけ検索されているかというトレンドをグラフで見ることができるツールです。こちらを使って「中古マンション」と「スーモ」という単語が、2015年の1年間のどの月に検索数が多いのかを調べてみました。(ホームズは単語が他の意味とかぶる可能性があるため、スーモを選びました)

こちらを見ると1月から2月前半に検索が集中していますよね。過去5年を見比べてもグラフの形はほぼ同じでした。

つまり、1月は「年も明けた。さぁ、不動産を探そう!」となり、探し始める時期なんですね。不動産の購入は賃貸と違い、決断までに時間がかかります。1月から本格的に探し始めた方が、2月、3月に契約(=成約)するから成約件数が多くなるということなのです。

購入希望者が1月に探し始めるのであれば、12月中に売却活動をスタートした方が良いということになります。年内には準備万端にしておき、年明けからの3ヶ月間で売却というイメージです。ですので、繁忙期の3月に売却活動をスタートした場合、少し遅いかもしれません。もし、秋のシーズンに売却したいという方は、同じように8月中に売却活動をスタートし、9月・10月・11月の3ヶ月間で売却できるような計画を立てるべきでしょう。

 

2月・3月に成約が集中する理由

先ほども述べましたが、「新学期」ということが大きな理由と考えられます。この「新学期」というキーワードを軽視すべきではありません。

不動産というのは面白いもので、全て理想通りの不動産を購入できる人など、世界でもほとんどいません。あなたの理想通りの不動産を購入するには、お金が必要なのです。結果的に、予算を踏まえてどの部分で妥協できるかという選択になります。そのため「待っていれば、理想に近づくもっと良い物件が出て来るのでは?」と購入に足踏みする人は多いのです。

そんな時に、強制的に背中を押されるのが「時間的な成約=新学期」なのです。子供が小学校に入る前に、中学校に入る前に、学年が変わる前に、「購入しなければならない」と強制的に決断する時期が2月・3月なのです。

そう考えると、年明け1月に「ああ、もう3月末までに物件を決めなければならない」といって、「中古マンション」や「スーモ」と検索している姿が思い浮かぶのではないのでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

不動産の購入というのは、普通の人にとって一番金額が大きいお買い物であり、人生の中でもそう何回も経験するものではありません。購入するという決断に慎重になるのは当然のことです。しかし、それでも「新学期」というキーワードに強制的に背中を押されて、購入の集中する時期が2月・3月なのです。

購入の集中する時期が2月・3月なのであれば、売却の集中する時期も同じです。

もし、あなたが不動産(土地・一戸建て・マンション)を売ろうと考えていて、高く売るためにもできるだけ多くの購入希望者に見てもらいたいと思っているのであれば、この時期に照準を合わせるのはいかがでしょうか。

 

不動産が売れる時期は春と秋ってホント?売買が活発な時期を調べてみた

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!

ABOUTこの記事をかいた人

坂根大介

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。 主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。