所有権移転登記とはなにかわかりやすくまとめた

所有権移転登記とはなにかわかりやすくまとめた

Q:所有権移転登記(しょゆうけんいてんとうき)とはなんですか?

A:所有者が変わったことを示す登記

所有権移転登記は、不動産登記の1つです。不動産登記とはその不動産がどのようなものかどこの誰が所有しているかを記録しているものであり、またその不動産で誰がどんなことをしたのか記録したものです。これらの記録がまとめられた台帳を「登記簿(とうきぼ)」といいます。

登記簿の構成としては、大きく表題部(ひょうだいぶ)権利部(けんりぶ)の2種類に分かれます。最初に表題部があり、権利部が続きます。権利部は、さらに甲区(こうく)乙区(おつく)に分かれ、全体で3つの部分から構成されます。

表題部と権利部(甲区と乙区)

所有権移転登記は、権利部の甲区に記載されます。

権利部は、権利に関する登記を記録し、不動産の権利関係を示します。甲区は、所有権に関する登記、および所有権に影響を与える登記を記録し、具体的には、所有者の住所・氏名・登記の目的・取得年月日と取得原因を記録します。

登記簿謄本とは?表題部や権利部、甲区や乙区についてまとめた

登記簿謄本とは?表題部や権利部、甲区や乙区についてまとめた

2016.01.09

所有権移転登記は、所有権が移転したことを示す登記で、最後(一番下)の所有権登記欄の名義人が、登記上での現在の所有者であることを示しています。

所有権移転登記

(所有権移転登記の例)

中古の建物(マンションや戸建て)を買って所有者が変わる場合は、所有権移転登記によって甲区欄を新しい名前に変更し、所有者が変わったことを登記します。

所有権移転登記は、司法書士に依頼して行うのが一般的で、費用は「10万円〜」が相場です。所有権移転登記は、登録免許税(とうろくめんきょぜい)という税金がかかり、面積によって変動するため費用は一概に言えませんが、それを除いた費用が司法書士の報酬です。

不動産の登録免許税の計算方法についてわかりやすく説明する

不動産の登録免許税の計算方法についてわかりやすく説明する

2016.01.05