家やマンションに住みながら不動産の売却ってできるの?

家やマンションに住みながら不動産の売却ってできるの?

あなたは、不動産(一戸建て・マンション)を売ろうと考えています。

でも、自宅に住みながら売却することってできるのでしょうか。

住みながら売却

もちろん、できます!また、先に引越しを済ませて、空き家にしてから売却する方法もあります。

ここでは、家に住みながら不動産の売却をするときはどのような感じになるのか、空き家のときと比較して説明します。

ぜひ、不動産を売る前に知っておいた方が良いでしょう。

 

空き家にしての売却

すでに空き家だった不動産を売却するというパターンに加えて、住んでいて引越し先が決まっている場合は、空き家にして売却するという方法があります。

こちらはなんといっても「気持ちが楽」です。

先に引越しした場合は、鍵を一本、不動産屋さんに預けます。

空き家にして売却

あとは不動産屋さんが、購入希望者の希望の日程に合わせて、勝手に案内してくれます。購入希望者が買いたいと申し出て、正式に不動産売買契約を結ぶその日まで、買主と顔を合わせることはありません。

気持ちが楽ですよね。

購入希望者も、売主さんがいないのでじっくり物件を見学することができます。

ただ、空き家にすると思った以上に家が汚れて見えます。まさに「中古物件」というような感じになります。タンスや冷蔵庫など大きな家具・電気製品を置いていた裏のクロス(壁紙)の色も変色しています。また、水回りの水アカは隠しきれません。

しかし、「中古物件」を購入するお客様は、クロスの張替えとハウスクリーニングが、思った以上に費用がかからないことを知るとたいてい行います。建てられた築年数が浅い物件ほど、売主さんがこの2つのことを売却前にしておくだけで、良い条件で売れやすくなることもあります。物件が新築に近い状態によみがえり、購入希望者にも良い印象を持たれるためです。

一方、築年数が古い物件は、購入希望者のやりたいようにリフォームをお任せする方が良いでしょう。中途半端にリフォームすることはあまりおすすめしません。例えば、クロスが新品で綺麗でも、お風呂が古い場合、チグハグして逆に汚く見えてしまうからです。

どのようにして売却するのが有効かは、マンションor戸建てなのか、など物件の状況によって異なります。もしかしたら、住んでいるときにリフォームした部分もあるかもしれません。そのため、不動産屋さんと売却する前に「この不動産はどのようにした方がより良い条件で売却できるのか」のアドバイスをもらい、検討する必要があります。

 

住みながらの売却

住みながら売却する方法は、空き家の売却と比べて、決して「気持ちが楽」ということはありません。

「いつ購入希望者が現れて、家を見たい」というのがわからないからです。

週の始め(月曜日・火曜日)に週末(土曜日・日曜日)の予定を聞かれて、空けておくことはまだ良いでしょう。しかし、そんな計画通りに事は動きません。土曜日・日曜日に突然、来店・電話・インターネット等で「この物件を見たい」と言われて、不動産屋さんも「居住されていますので、確実に見れるかどうかわかりませんよ」とは返しつつも、あなたに「空いていますか?」と電話をかけてきます。

居住中の内覧

「大変だな」と思うことでしょう。でも、家の中を見ない限り、購入することなんてほぼあり得ません。あなたが逆の立場なら見たいですよね。週末なんてへったくれもありません。このように、売却期間中は、常に部屋の中をキレイにしておき、週末の予定もあまり入れることができなくなると覚悟しておいた方が良いです。

不動産は3ヵ月の間に売却できれば早い方です。決して「気持ちが楽」ということはありません。

それならなぜ、空き家にして売却しないのかと思いますが、それは「この家を売却できなければ、新居に移ることができない」という売主の都合によるものです。例えば、住宅ローンの返済が残っている場合や、売却代金を購入資金に充てる住み替えがあげられます。

自宅を売って買う「買い替え」のときに必要な「引渡し猶予」とはなにか

2016.11.07

住んでいる家をジロジロ見られるというのは、あまり気持ちの良いものではありませんが仕方ありません。家の照明を全部つけて、できるだけ明るくみせて「自分が購入する立場なら」という想いで、優しく迎えてあげてください。

具体的に、部屋をキレイにしておくのは当然ですが、キッチン・風呂・トイレ・洗面所などの水回りは特にキレイにしておきましょう。また、家にはそれぞれ家族の「ニオイ」があります。普段生活している自分たちでは気づきませんが、初めての人には気になります。消臭剤や芳香剤を使っても良いでしょう。また、特に女性は収納も気にします。気を遣わせないよう、最初からクローゼットなどを開けておくのも良いかもしれません。

購入希望者にとっても居住中の家というのは、正直じっくりと見ることができません。初めて出会った人の家にあがり、あれこれ物色なんてできませんよね。およそ、内覧時間は平均15分もありません。売主とすれば「え、こんなものなの?」と拍子抜けするはずです。それでも買主は購入を決断するのです。

購入する決断の中には、「売主の顔」を見れたことも後押しされているのです。中古物件というのは、前にどんな人が住んでいたのか気になるものです。案内の際に、売主が特にアレコレ物件の良さを説明する必要はありません。押し売りせずとも、購入者が気に入れば必ず質問してくるはずです。「近隣の人は?騒音などの問題は?なにか気になることはないか」などです。

繰り返しになりますが、「自分が購入する立場なら」という想いを持って、住みながらの売却活動に取りかかることにしましょう。

 

家やマンションに住みながら不動産の売却ってできるの?

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!

ABOUTこの記事をかいた人

坂根大介

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。 主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。