不動産用語の「促進区域」とはなにか

不動産調査Q&A(不動産に関係する法律)

Q:不動産用語の促進区域とはなんですか?

 

A:民間が進める市街地開発事業を行うための事前準備

促進区域とは、都市計画法第10条の2第1項で定める区域のことを指します。

都市計画区域については、都市計画に、次に掲げる区域を定めることができる。

1 都市再開発法第7条第1項の規定による市街地再開発促進区域
2 大都市地域における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法第五条第一項の規定による土地区画整理促進区域
3 大都市地域における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法第二十四条第一項の規定による住宅街区整備促進区域
4 地方拠点都市地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に関する法律第十九条第一項の規定による拠点業務市街地整備土地区画整理促進区域

都市計画法第10条の2第1項

促進区域内では、それぞれ規定された法律の内容に基づき、土地の形質変更や建築物の建築等は許可が必要です。

促進区域とは、市町村等ではなく民間が事業主体となって行うべき土地区画整理事業や市街地再開発事業等を促すための制度です。都市計画として定める予定区域と同じく、計画から事業の決定まで時間がかかるので、事業を行うための事前準備としてあらかじめ様々な制限をかけたエリアとなっています。

事業を行う必要があるものの、事業実現に至らない場所を促進区域に指定して、期間(2〜5年)を区切って自主的な事業化を促します。期間内に事業化されない場合は、市区町村等が代わりに事業を行います。

事業と促進区域の組み合わせはこちらです。

区域 事業の種類 事業名 区域の名称
促進区域 市街地開発事業 土地区画整理事業 土地区画整理促進区域
拠点業務市街地整備土地区画整理促進区域
市街地再開発事業 市街地再開発促進区域
住宅街区整備事業 住宅街区整備促進区域

市街地開発事業とは、都市計画法第12条に定める7つの事業をまとめたもので、すでに市街地となっている区域や市街化を図るべき区域内で、計画的な街づくりを具体的に行うための事業です。

不動産用語の「市街地開発事業」とはなにか

不動産用語の「市街地開発事業」とはなにか

2018.02.02
不動産調査Q&A(不動産に関係する法律)

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!

ABOUTこの記事をかいた人

坂根大介

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。 主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。