相続した不動産を売却した場合の取得費加算の特例とは?

譲渡所得のイメージ画像byいくらチャンネル

相続した不動産を売却するときに利益が出た場合、相続税とは別に税金(譲渡所得税・住民税)を支払わなければなりません。売却価格から購入価格を差し引いて利益が出ているかを計算します。当然、損失の場合は税金はかかりません。

しかし、利益が出ている場合でも「取得費加算の特例」という税金が安くなる制度があることはご存知でしょうか。

ここでは「取得費加算の特例」についてわかりやすく説明します。

 

取得費加算の特例とは?

相続・遺贈または贈与により取得した不動産は、原則として前所有者の取得費を引き継ぎます。そして同様に、取得時期も原則として前所有者の取得時期を引き継ぎます

相続税がかかる?不動産の相続についてわかりやすく説明する

2016.01.19

贈与税がかかるかも?不動産の贈与税について知るべきこと

2015.12.25

その相続した不動産を、相続後3年10カ月以内に売却(=譲渡)すれば、譲渡所得税が軽減される「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」の適用を受けられます。これは、一般的に「取得費加算の特例」と呼ばれます。

「取得費加算の特例」を受けるための要件

・相続または遺贈により財産を取得した者であること
その財産を取得した人に相続税が課税されていること
・その財産を、相続開始のあった日の翌日から相続税の申告書の提出期限の翌日以後3年を経過するまでの間に譲渡していること

※相続税の申告期限は被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内なので、相続後3年10ヶ月以内に売却することが要件となります。

これは、相続により取得した土地、建物、株式などを一定期間内に譲渡(=売却)した場合に、一定の金額を譲渡資産の取得費に加算することができるというものです。一般的に相続によって財産を取得すると相続税がかかり、その相続財産を譲渡(=売却)して利益が出れば譲渡所得税がかかります。これは1つの財産について2種類の税金が課税される二重課税にあたり、税負担を軽減するための措置になります。

逆に相続税がかからなかったものについては、特例の適用を受けることができません。

譲渡所得の計算に必要な取得費・譲渡費用を簡単に知ろう

2016.01.25

不動産売却の税金ー譲渡所得についてわかりやすく説明する

2016.01.24

相続した不動産を売却(=譲渡)した場合、売却代金から取得費や譲渡費用を引いた金額が譲渡所得税の課税対象金額になります。

課税譲渡所得 =  譲渡収入金額  −(取得費 + 譲渡費用)

ここに「取得費加算の特例」が適用されると「資産の取得費」が増えることになり、その分、課税対象となる譲渡所得の金額が少なくなります。譲渡所得が少なくなれば、払わなければいけない譲渡所得税・住民税は少なくなりますよね。

課税譲渡所得 =  譲渡収入金額  −(取得費 + 相続税の取得費加算額 + 譲渡費用)

相続税の取得費加算額の計算方法

A:譲渡した資産が土地等の場合

相続税額 × 譲渡した土地等にかかる相続税評価額 ÷ 相続税額にかかる課税価格

平成26年12月31日以前に開始した相続等については、「譲渡した土地等にかかる相続税評価額」ではなく「相続により取得したすべての土地に係る相続税評価額の合計額」になります。

B:譲渡した資産が土地等以外の場合(建物など)

相続税額 × 譲渡した資産にかかる相続税評価額 ÷ 相続税額にかかる課税価格

取得費加算の特例により、取得費に加算される相続税額が、「譲渡収入金額−(取得費+譲渡費用)」の額を超える場合は、その超える部分の金額を控除することはできません。つまり、相続税の取得費加算を適用することにより、譲渡所得をマイナス(譲渡損失)にすることはできないことに注意が必要です。

 

譲渡所得のイメージ画像byいくらチャンネル

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!

ABOUTこの記事をかいた人

坂根大介

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。
主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。