修繕積立金(しゅうぜんつみたてきん)とはなにかわかりやすくまとめた

修繕積立金(しゅうぜんつみたてきん)とはなにかわかりやすくまとめた

Q:修繕積立金(しゅうぜんつみたてきん)とはなんですか?

A:マンションの価値や機能を維持するために積み立てるお金

修繕(しゅうぜん)とは、いたんだりこわれたりした所を修理することという意味です。修繕積立金とは、管理費でまかなわれている通常の修繕のためではなく、マンションの価値や機能を維持するために計画的に積み立てるお金です。修繕積立金は、計画修繕積立金や大規模修繕積立金とも呼ばれます。

マンションの共用部分である外壁・廊下などは、年数が経過すると補修が必要となります。その費用を実際の工事を行うときに集めると、所有者は一度に多額のお金を出さなければなりません。それを避けるために、修繕費用を毎月計画的に積み立てます。

一般的にマンションの戸数が多いほど、1人あたりの負担は減るため、修繕積立金の金額が下がる傾向にあります。また、機械式駐車場より自走式駐車場の方が、メンテナンス費用が安く抑えることができるなど、マンションによって修繕積立金の金額は異なります。

物件調査の場合、修繕積立金制度があるならばその金額すでに積み立てられている金額滞納しているかどうか、滞納がある場合はその滞納金額を調査します。

「計画修繕積立金等に関する事項」とはなにか

「計画修繕積立金等に関する事項」とはなにか

2016.07.10