不動産会社さま続々加入中! イクラちゃんねるが提供する新サービス イクラ不動産
不動産会社さま続々加入中! イクラちゃんねるが提供する新サービス イクラ不動産

定期借家契約とはなにかわかりやすくまとめた

定期借家契約とはなにかわかりやすくまとめた

Q:定期借家契約(ていきしゃくやけいやく・ていきしゃっかけいやく)とはなんですか?

スマホの不動産屋さん LINEで簡単売却相談

A:期間満了により終了する建物賃借権

借家(しゃくや)とは、借りた状態の住宅のことで、家主から見た場合は貸家(かしや)といいます。定期借家契約とは、定められた期間が終了すると契約が更新されることなく、出ていかなければならない借家契約のことです。

住宅(建物)ではなく、借りた状態の土地を借地(しゃくち)といいます。

借地権についてわかりやすくまとめた

借地権についてわかりやすくまとめた

2016.06.24

定期借家権といっても、建物を借りる点では、一般の建物賃借権と変わりなく、登記上も、特約として「契約の更新がない」という文言が入る以外は、通常の賃借権登記と同じです。賃借権とは、賃料を支払って借りた物を使用することができる権利です。

賃借権についてわかりやすくまとめた

賃借権についてわかりやすくまとめた

2018.11.02

一般的な借家契約では、期間が終了しても、賃貸人(貸している側)の特別の事情(正当事由)がない限り、賃借人(借りている側)の契約期間更新を断ることができず、いったん家を貸してしまうと、なかなか立ち退いてもらえませんでした。

この問題を解決するため、定期借家制度が定められましたが、今までの借家契約がなくなるわけではなく、一般的な借家契約と定期借家契約の2種類の契約形態が併存し、建物を賃貸借するにあたってどちらかを選択できます。

定期借家契約は、居住用物件よりむしろ事業用物件で多く利用されますが、定期借家権の登記は、あまり見かけません。オフィスや店舗は、建物の一部だけを借りる例が圧倒的に多いので、登記の対象とならないからです。

事業用物件について定期借家契約が利用されることが多いのは、家賃収入が一定期間確実に見込めるからです。

この記事をシェア

この記事の監修者

坂根 大介
坂根 大介さかね だいすけ

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。
野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。
不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。
主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。