不動産を売却するときいつまでに引越しすればよいのだろうか?

不動産を売却するときいつまでに引越しすればよいのだろうか?

あなたは不動産を売却しようとしています。もし、物件がすでに空家なのであれば、引越しする必要はありませんよね。

空家と居住中における引越しの有無

でも、住みながら家を売却するときは、いつまでに引越ししなければならないのでしょうか?

ここでは、「居住中の不動産を売却するときはいつまでに引越しすればよいのか」について説明します。

 

引越しはいつまで

引越しは、残代金決済(物件の引渡し)の前日までに終わらせておかなければなりません。

不動産の売却の流れは以下の通りです。

引越し期間

①不動産購入申込書

買主から、「購入したい」との申し出を正式に書類で受け取ります。そこから金額や時期などの条件交渉が始まります。

②不動産売買契約

条件交渉が売主・買主間でまとまれば、不動産売買契約を行います。不動産売買契約を結ぶと「正式に不動産を売却できる」ということになります。そのため、不動産売買契約を結んでから売主は物件を引渡す準備(引越しやローンの返済手続き・抹消登記など)を、買主は物件を引受ける準備(正式な住宅ローンの契約など)を行います。

ですので、不動産売買契約と同じタイミングで不動産を引渡せるわけではありません。不動産売買契約から物件の引渡しまで、一般的に準備に約2ヶ月ほどかかります。この期間についても条件交渉の際に決めますが、どれだけ早くてもおよそ2週間はかかります。(それよりも早くを決済を希望するのであれば不動産買取を選ぶという方法があります。)

③残代金決済と物件の引渡し

売主が不動産を引渡す準備、買主が不動産を引受ける準備ができれば、物件の引渡しを行います。その際に売却代金から手付金を除いた金額=残代金を受け取ります。

こうして、売却代金全てを買主から受け取った段階で、不動産の所有権は買主に移ります。鍵も全て買主に渡します。もう売主のものではありませんから、それまでには引越ししておかなければならない=残代金決済(物件の引渡し)の前日までとということになります。(ただし、売主の引渡し猶予がある場合は除きます。)

自宅を売って買う「買い替え」のときに必要な「引渡し猶予」とはなにか

2016.11.07

 

まとめ

引越し先が決まっているのであれば、残代金決済の前日までに引越しすれば問題ありません。しかし、売却後の引越し先が決まっていない場合、不動産売買契約を結んでから引渡しまでの間に、移り先の物件を決めなければならなくなります。これらの期間についても条件交渉において決めることができますが、買主さんにも「この期間までに移らなければならない」という都合があるかもしれません。スケジュールに余裕を持って、引越しを含めた売却後の予定を前もって立てておくことをお薦めします。

不動産を売却して引越しするまでに何をしなくてはいけないのか?

2016.11.05
不動産を売却するときいつまでに引越しすればよいのだろうか?

あなたの不動産はいくら?

iQra-channel(イクラちゃんねる)では、気になるマンションや、ご自宅のマンションの売却価格がその場でわかる!また、どこの不動産会社が売却したのかもわかる!最新の相場価格を公開中!

ABOUTこの記事をかいた人

坂根大介

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。不動産売買取引の契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、一般消費者向けに不動産業界の見えにくくわかりづらい不透明な情報をわかりやすく発信している。
主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。